上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この週末、朝から自宅近くの公園の
草むしりをしました。

いわゆる町内会のお勤めです。


人生、仕事ばかりではありません。
たまには地域の活動にも参加しなくちゃ
いけません(笑)。



私が社会に出て最初に勤めた会社の
上司(当時の事業部長)が酒の席で
話していた言葉が今でも印象に
残っています。

------------------

男には三つの顔がある。

企業人、家庭人、そして地域人だ。

若いうちは企業人として自分を磨き、
人生の基盤を築くこと。

そして、結婚し家族を持てば、
家庭人、地域人としての自覚も
持たなくちゃいかん。


------------------


当の事業部長は
いかにも営業出身といったバイタリティの
ある方で、若いうちだけでなく
ずっとバリバリの企業人だったようなタイプです。

そうでなければ事業部長にも
なっていないはずです(笑)。


私がこの話を聞いた当時、
「ワークライフバランス」なんて言葉も
ありません。

まだ入社1~2年目で、
長時間バリバリ働くことがデキるサラリーマンであり、
その代表格が事業部長だと思っていた私には
意外な言葉でした。




早いものであれから約10年。

私自身、企業人としてもまだまだ修業中の身です。

家庭人、地域人としてもバランスが取れているとは
到底言えません。

「ワークライフバランスが大事」なんて
チープなことを言うつもりはありません。

「ワーク」が充実していない
「ライフ」なんて、少なくとも私にとっては
何の魅力もないからです。



しかし「ワーク」を言い訳にして
家庭人、地域人としての責務をないがしろに
するのは、企業人として ” 美しく ” ありません。



エラそうなことは何ひとつ言えませんが、
せめて休日の草むしりぐらいは積極的に
参加したいものです。

もし、ご近所の奥さんの間で
「○○さんとこの旦那さん草むしり頑張ってたわよ」
みたいな話になれば、間接的に妻の満足度も上がり、
家庭人としてのポイントも稼げますし(笑)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。