上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日放送された「僕らの音楽」に
西野カナが出演していました。


歌唱力の高さや際立つハイトーンボイスが
耳に心地よく、好きな女性アーティストの
一人です。

東海地区出身(三重県松坂市)というのも
プラスポイントです。

もっとも、彼女の詞は主に若い女性を
対象としているため、アラフォー手前の
オジサンにはなかなか共感できる部分は
ありませんが(笑)。



そんな、西野カナのキャッチコピーは
「40,000分の1のガーリーヴォイス」だ
そうです。


ガーリーヴォイスって何??


業界の専門用語なのか、ネットで
調べてもいまいち明確な定義が
見当たりません。

どうやら「Girl」から転じた言葉
(Girly Voice)で、女の子らしい
かわいらしい声ということのようです。


ただ、このような定義からすると、
ほとんどの女性ヴォーカリストが
ガーリーヴォイスの持ち主になって
しまいます。


イマドキの女の子なら、その辺りの
微妙なニュアンスが分かるかと思い
中学2年生の娘に聞いてみました。


私 「西野カナの声がガーリーヴォイスなら
   miwaなんかもっとガーリーっぽくない?」


 「そもそもガーリーが何か分からないから
   どちらとも言えない。

   「カワイイ声という定義だったらアニメの
   声優なんてみんな当てはまるんじゃないの」


うーん、確かにそのとおり。
やっぱりガーリーってよく分かりません。。。


------------------

仕事でも同じことが言えます。

普段何気なく使われているものの
改めて考えると定義が良くわからない、
もしくは使う人によってとらえ方が異なる
用語があります。



マーケティング、サプライチェーン、
付加価値、全体最適、スマート、
クラウド。。。


会議などで、言葉の定義があいまいな
まま議論をしていると、その場では
何となく共有できたような気になります。

しかし、大抵の場合は詳細検討や
実行段階で認識の齟齬が顕在化し、
現場が混乱します。


あとあとの手戻りをなくすためにも、
予め重要な用語の定義は明確に
しておきたいものです。



もっとも、あえて定義をあいまいに
することで合意を取り付けやすくする
というテクニックもありますが。。。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。