上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近注目しているスポーツ選手がいます。

全日本女子バレーの新セッター宮下 遥選手です。


三重県桑名市出身の18歳。
現在はV.プレミアリーグの岡山シーガルズに
所属しています。

弱冠15歳でプレミアリーグデビューを果たし、
全日本メンバーにも召集されたという
いわゆる ” 天才型 ” の選手です。


ご存知の通り、全日本女子のセッターは
長年竹下佳江が務めてきました。

「世界最小最強セッター」とも呼ばれ、
3度のオリンピックに出場する等、日本を
代表する名セッターの一人です。

その竹下の後継者候補と見られているのが
宮下です。


竹下にはない ” 高さ ” を持つセッターとして
18歳という若さながら、今回のFIVBワールド
グランプリでA代表デビューを果たしました。


しかし、

先日行われた予選ラウンドでは
アタッカーとのコンビネーションが合わず
ミスを連発します。

これまで、日本が強みとしてきたコンビバレーが
十分機能しなかったことも影響し、
ブルガリア、アメリカに連敗を喫してしまい
ました。

私は技術的なことは詳しくありませんが、
素人目から見ても、トスワークやゲーム
メイク力はまだまだ発展途上にあると感じます。

セッターには攻撃の起点として特に精度の高い
プレーが求められます。さらに、司令塔としての
役割もこなさなければなりません。

いかに天才と言えど、経験不足はいたしかた
ないのでしょう。


また、周囲の環境も少なからず影響して
いるように感じます。


ただでさえ、A代表にデビューしたばかりです。

加えて、ポスト竹下の有力候補として、
コート上での一挙手一投足が、常に竹下と
比較されるのです。

そのプレッシャーたるや、ハンパないでしょう。


名選手の後を継ぐのは楽じゃありません。

しかし、ここを乗り越えてこそ本物です。


あの竹下も、シドニーオリンピックの出場を
逃した時には「小さいセッターでは世界と戦えない」と
散々バッシングされました。

ただ、この時に地獄を見たからこそ、
結果(勝利)への強いこだわりや、劣勢でも
自分を保つ強い精神力を身につけることが
できたのではないかと感じます。



2012年5月に放送された情熱大陸で
竹下が次のようなコメントをしていたのが
印象的でした。

-------------------------------------
私たちがカメラの前で何か語る必要があるのか?

アスリートである以上、コートで結果を出さないと
意味がない。

女子バレーは結果を出せていないのに注目して
もらえている。すごく甘いと感じる。

他の競技をやっている人から見れば納得いかないはず。

このことをどれだけの選手が自覚しているのか?

-------------------------------------

自分たちが置かれている環境や
やるべきことは何か?を骨の髄から
理解しているコメントだと感じます。


例え天才と呼ばれる選手であっても
才能だけではいつか壁にぶつかります。


その壁を乗り越える過程で、
一流選手としての ” マインドセット ” を
身につけることが、その後の成長や活躍に
つながるのだと思います。



今後の宮下選手の ” 苦悩 ” とその先にある
” 大活躍 ” に注目したいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
桑名市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/08/26(Mon) 08:59:20 |  ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。