上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、大手転職エージェント会社の
キャリアコンサルタントと話をする機会が
ありました。


事業会社からコンサル業界に入りはや10年。


今後のキャリアを考える上で何かしら参考に
なればと思い、最近の東海地区における
転職マーケットの状況やポストコンサルの
キャリアパスについて話を聞きました。



コンサル会社に勤務するコンサルタントにとって、
次のキャリアの選択肢は主に3つあります。


 ①他のファームへ転職
 
 ②事業会社へ転職
 
 ③コンサルタントとして独立



他業界の方と仕事について話をしていると、
「いずれは独立するんですか?」とよく聞かれます。

私自身あまり独立志向はありません。
実際に③を選択する人間もごく少数です。


かつての同僚の多くは、②を選択しています。
得意分野によっても異なりますが、大抵は
事業会社の経営企画・事業企画部門で働いている
ケースが多いようです。

もっとも、②の中でもいわゆる ” 通常の転職 ” と
” クライアント企業への転職 ”とでは若干扱いが
異なります。



キャリアコンサルタントによると、東海地区では
コンサルタントから一般の事業会社への転職は
結構難しいとのことです。

理由は次の三点です。


・受け皿の少なさ
  東海地区の転職マーケットの規模は関東の
  10分の1程度と言われており、コンサル出身者が
  強みを活かしやすい企画管理系部門の募集も
  絶対数が限られる

・年収ダウンのカベ
  コンサル会社から事業会社へ転職すると
  多くの場合、年収がダウンする

・コンサル出身者に対するネガティブイメージ
  東海地区の事業会社(特に老舗の大企業)は、
  コンサル出身者を敬遠する傾向がある


年収の問題については、
クライアント企業の経営幹部に引っ張られて
執行役員や上級管理職として転職するような
ケースでないと、納得のいく水準を確保できない
とも話していました。

一方、コンサル出身者が敬遠されがちという点は、
保守的な東海地区の土地柄でしょうとのこと。


いずれにしても、コンサル業界から事業会社への
転身は思いのほか門戸が狭いようです。




この点について、キャリアコンサルタントが最後に
強調していました。

転職によって何を得たいのか?

そのために何を捨てられるか?

を考えることが必要。



要するに、

年収がダウンすることを許容できなければ
事業会社への転職は難しい。

仮にそれを許容できるのであれば、少ない
ながらも一応選択肢はある。

年収ダウンというデメリットを上回るだけの
メリットをどこに見出すか?自身のキャリア
プランも踏まえ整理する必要がある。

ということです。



基本的に、コンサル会社に終身雇用という
発想はありません。

コロコロ転職するのもどうかと思いますが、
今のファームに5年も10年もいることを前提に
将来のキャリアについて一切考えないというのは
リスキーだと感じます。



自分のキャリアは自分で作る


キャリアコンサルタントとの会話は、今後のキャリアを
考える良いきっかけになりそうです。

このお盆休みを活用し、ちょっと整理してみたいと
思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。