上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです。

読書に関して普段意識していることについて
整理してきたいと思います。


①本は自腹で購入すべし

本は自腹で購入するようにしています。

もちろん、特定のプロジェクトでのみ使用する
マニアックな専門書や社内で共有すべき本は
会社の経費で購入することもあります。

但し、そのコストは個人の業績評価に反映される
ため結局は自腹と同じようなものです。


最近では、図書館でも新刊のビジネス書を
借りられるようですが、少しマニアックな本は
購入希望申請を出さなければなりません。

話題作・人気作になれば、借りるまでに何週間も
待たなければならないケースもあります。


娯楽や趣味のためであれば話は別ですが、
基本的に読書の目的は ” インプット ” することです。

必要な時に必要な情報をインプットする。

そのためには、自分で購入した方が圧倒的に
効率的です。



また、私は本を読むときにページの角を折ったり
付箋を貼ったり、マーカーを入れたりと、結構本を
汚します。

好き放題本を汚して自分仕様にカスタマイズする
ためには、自分で購入する必要があるのです。


※図書館の本を勝手にカスタマイズするのは
  マナー違反ですのでご注意ください。


そして何より、自腹で購入した方が、
その本から何か吸収してやろうというインセンティブも
強くなります。

くどいようですが、ビジネス書の場合、
本を読む目的は ” インプット ” することです。

その目的をより確実に達成するためにも
自腹で本を購入し、積極的にリスクテイクする
ことが効果的です。




ちなみに、私の場合、
少し高額な専門書や新しい分野の本をまとめ買い
する際には、Amazonのマーケットプレイスで
中古品を購入するようにしています。

カスタマーレビューだけでなく、本の状態や
出品者に対する評価も分かるため超便利です。

自腹で購入する以上、リスクはなるべくヘッジして
おきたいですし(笑)。




次回は

②本の読み方にはメリハリをつけるべし

について整理していきます。

最近流行り(?)のフォトリーディングの活用法に
ついても触れたいと思います。

(次回に続く)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。