上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです。

コンサルティング会社へ転職するのに
学歴は必要か?


この点について自分自身の経験も踏まえ
整理してみたいと思います。


言うまでもありませんが、
中途採用で求められているのは ” 即戦力 ” です。

学歴が ” ピカピカ ” だからといって、必ずしも
仕事ができるわけではありません。

そのため、採用する側は過去の学歴よりも

①現在のパフォーマンス 

②コンサルタントとしての適性 

をより重視します。


①については、
現在の職場(多くの場合は事業会社)において、
何かしら目立つ存在であることがひとつの基準と
なるでしょう。

例えば、

・単なる偶然や他人の手助けよってだけでなく、
 自分なりの工夫や努力により業績目標を達成
 している

※業績目標を達成しているだけではなく、
  達成できた要因を客観的に分析できているかが
  問われます

・社内の重要なプロジェクトや業務において、
 現在の職位で求められる以上の貢献をしている

※言われたことをやっているだけでは不十分。
    自分に与えられた役割や期待を理解した上で
  プラスαの付加価値を出そうとしているかが
  問われます


一方、②については、
面談やケーススタディを通じて、論理的思考力や
コミュニケーション力、プレゼンテーション力を
評価されることになります。



また、大手コンサル会社の場合、面接を複数回
行い、その過程で配属予定部門のマネージャーや
シニアスタッフとも顔をあわせるのが一般的です。

そこで「この人となら一緒に仕事をしてもよい」と
相手に感じてもらえるかも重要なポイントとなります。


コンサルティングはチームで仕事をします。

そのため、どんなに優秀な人間であっても、
他のメンバーが一緒に仕事をしたいと思わな
ければ、よい仕事をすることはできません。


いずれにしても
「入社後すぐに現場でバリューを発揮できそうか?」
という点で会社側にきちんと評価されれば、
多少学歴が見劣りしていたとしても、採用される
可能性はあります。




ちなみに、私自身は地方の中堅国立大学出身です。


学歴だけ見れば、有名大学出身者が大半を占める
コンサル会社において異色な存在とも言えます。


学歴に対するコンプレックスがないと言えば
うそになります。

ただ、それほど気にもしていません。

なぜならば、コンサル業界は一般的な事業会社
以上に  ” 勝てば官軍 ”  がまかり通るからです。

業界の門戸は必ずしも広くありませんが、
一旦中に入ってしまえば、あとは実力勝負です。



・幅広い人脈やフットワークの良さ、マメな
 情報発信により新規の引合を獲得する。

・質の高い提案を行う、あるいは人間力を
 駆使することで、新規プロジェクトを
 受注する。

・プロジェクトでバリューを発揮し、質の高い
 アウトプットを提供する。

・クライアントのキーマンをグリップすることで、
 リピート受注を獲得する。


このようにして会社の収益に貢献することが
できさえすれば、学歴や職歴など関係なしに
評価される世界です。


裏を返せば、有名大学や有名企業出身だからと
いって入社後の成功が約束されている業界では
ないのです。

もっとも、この点はどこの業界も同じでしょう。



コンサル業界に興味はあるものの
学歴がちょっと・・・という方は、
そこで思考停止に陥らず、まずは目の前の
仕事に全力を尽くされることをおススメします。

社内でも名前が知られるような存在になることが
できれば、チャンスも広がるはずです。



うーん、何かエラそうですね(笑)。

私自身まだまだ修行中です。
一年一年が勝負です。

他人の心配をするよりも、まずは自分が
この業界で生き残っていくことを考えないと
いけませんね。



なお、今回のテーマは大手コンサル会社への
就職・転職を想定して書いています。

コンサル業界にもいろいろな会社があります。
新卒採用においても、学歴より応募者の熱意や
キャラクターを重視して選考する会社もある
でしょう。

志望する企業のカラーや採用方針を分析した上で、
戦略を組み立てることが重要ですのでご留意ください。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
記事が面白かったです。
 初めてコメントさせていただきます。

> ・幅広い人脈やフットワークの良さ、マメな情報発信により新規の引合を獲得する。

・質の高い提案を行う、あるいは人間力を駆使することで、新規プロジェクトを
受注する。

・プロジェクトでバリューを発揮し、質の高いアウトプットを提供する。

・クライアントのキーマンをグリップすることで、リピート受注を獲得する。

 人間力。キーマンをグリップ。など自分には不足している所は山積みですね(++)
 耳に痛いですが、努力するしかないって感じですね。^^;
 
2013/07/16(Tue) 22:08 | URL | 伊藤行政書士・社会保険労務士・FP | 【編集
Re: 記事が面白かったです。
コメントいただきありがとうございます!

私もまだまだ修行中の身です(笑)。

今後も、ご関心を持っていただけるような
記事を書いていきたいと思いますので
ご期待ください。
2013/07/16(Tue) 23:26 | URL | mark | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。