上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は学生時代から銭湯が好きで、今でも
週末になると近くのスーパー銭湯へ行きます。

そこでいつも気になっていることがあります。

それは、サウナから出てきたオジサンたちが
掛け水をせずに、そのまま水風呂にドブンと
つかることです。


浴室内には、
「水風呂に入る前に掛け水をしましょう」との
” 入浴の心得 ” も書かれているのですが、
ヤツらはお構いなしに飛び込んできます(笑)。

ちなみに、以前通っていたスポーツジムの
スパ施設ではそんな人間はいませんでした。

会員制のジムと異なり、多種多様な層
(年齢、職業、教育・所得水準等)の人間が
集まる公衆浴場ならではの光景なのかも
しれません。

私は潔癖症ではないのですが、汗だくのまま
水風呂に入ってくる人間があまりにも多いので、
さすがに嫌気がさし、その銭湯では水風呂にも
サウナにも入らなくなりました。



このように、” 公衆浴場の入り方 ” という、
取るに足らないことでも、人によって ” 当たり前 ” の
範囲や程度は異なります。

つまり、入浴マナーに関する「認識のカベ」が
存在するということです。



以前のブログで、経営計画を実現するためには
「認識のカベ」を乗り越える必要があると
書きましたが、日常生活や普段の仕事においても、
この「認識のカベ」に振り回されることがあります。


例えば、部下や後輩に作業を指示したものの、
見当違いのアウトプットが出てきたという経験は
皆さんにも心当たりがあるのではないでしょうか。

特に、一緒に仕事をするようになって間もない相手の
場合、細かく指示したつもりでも、段取りの組み方や
優先順位の考え方、アウトプットの体裁や報告の
タイミング・方法等、何かしらこちらのイメージと
異なる部分が出てくるものです。

指示を出した人間としては、それこそ
「掛け水くらいしてよ!当たり前でしょ」と
言いたくなることもあります。


そんな時、頭ごなしに怒鳴ってみても問題は
解決しません。
怒鳴られた部下もその場は慌てて言われた通りに
やり直しますが、いずれ同じことが起こります。

なぜならば、お互いの ” 当たり前 ” が異なる
からです。


対処法としては、
次の手順で相手の ” 当たり前 ” を上書きして
いくことが重要です。

------------------------------

①相手の ” 当たり前 ” を確認する


  こちらが指示した内容を、どのように理解して、
  具体的にどのように作業を進めようとしているかを
  相手に説明してもらう。

  多くの場合、この段階で
  「えっ!それってちょっと違うよね」という点が
  出てきます。


②こちらが考える ” 当たり前 ” と、
 ” なぜそれが当たり前と言えるのか ” を
  論理的に説明する


  少し面倒かもしれませんが、「急がば回れ」です。
  後から手戻りが発生しないよう、この段階で
  きちんと説明しておきましょう。

------------------------------


但し、中には根本的に ” 当たり前 ” が
異なるような人間もいます。
いわゆる宇宙人というやつです。

あまりにヒドい場合には、早々に見切りをつけ
他の人間にお願いすることも考えるべきでしょう。

きちんと説明するという投資に対して十分な
リターンが期待できないのであれば、潔く諦める
ことも重要です。

もっとも、あなたがその部下の教育担当者に
任命されているのであれば、そうはいかないと
思いますが。。。
その場合は、何としてもこいつをモノにするんだ!と
覚悟を決め粘り強く説明するほかないでしょう。



私も、水風呂に飛び込んでくる汗だくのオジサン達の
” 当たり前 ” を一度聞いてみたいものです(笑)。


【参考記事】
経営計画の実現方法①


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。