上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回に続き、関ジャニの仕分け∞についてです。


見える化することのメリットと限界

カラオケ対決は、文字通りカラオケの採点機能を
使って歌の上手さを競うものです。

最近のカラオケには、様々な採点機能が
搭載されています。
ガチンコ採点から、場を盛り上げるための
採点ゲーム等、各メーカーが色々工夫をしています。


こうした採点機能は、”歌の上手さ”という
目に見えないものを見える化していることになります。



もちろん、歌の上手い・下手というのは、私のような
素人でも、歌声を聞けばある程度は分かります。

しかし、プロの音楽家のように、どこがどう違うのかを
精緻に分析・評価することはできません。


番組で使用されている第一興商のLIVE DAMでは、
次のような観点で歌の上手さを評価しているそうです。

 ①音程
 ②リズム
 ③表現力(抑揚、しゃくり、こぶし、フォール)
 ④ビブラート&ロングトーン
 ⑤安定感


例えるならば、①②が心(原曲に対する正確性)、
③④が技(歌唱力)、⑤が体(基礎力)といった
ところでしょうか。


ちなみに、最新版のLIVE DAMに搭載されている
「精密採点DX」は3世代目とのことです。

おそらく、第一興商の開発スタッフが試行錯誤を
繰り返しながら現在の評価システムを作り上げて
きたのでしょう。


歌の上手さという感覚的なものが、定量的に
見える化されることで、次のようなメリットがあります。

------------------------------
●歌い手本人にとって、
 現在の自分のレベル、得意な部分や苦手な部分が
 把握できる


 苦手な部分が分かることで、レベルアップに向けた
 改善ポイントが明確になります。


●第三者にとって、
 歌い手の評価や優劣の判定ができる


 優劣が明確になってはじめて、上記番組のような
 対決ゲームが成立します。

 もちろん、モノマネ番組のように”審査員による判定”
 方式でも優劣は決められます。

 しかし、評価基準に基づき機械が点数を
 はじき出す方が、公平な印象があります。
 また、観ている人間(大半は素人)にとっても
 分かりやすいはずです。

 ちなみに、機械が勝手に判定した方が、ゲーム感覚が
 強くなります。

 番組に出演する歌い手も、機械採点の方がリスクが
 少なくてよいと考えているのではないでしょうか。

 つまり、パフォーマンスのクオリティが高く、聞き手
 (MCの関ジャニメンバーや観覧客、視聴者)に、
 さすが!と思わせられれば、仮に勝負に負けた場合でも
 「あくまで機械の採点だから。。。」と言い訳もできます。

 負けて面子が潰れることをあまり気にすることなく、
 ゴールデンタイムの人気番組で告知ができるメリットは
 大きいでしょう。

 だからこそ、細川たかしやジュディ・オング、鈴木聖美と
 いった超大物歌手が出演しているのだと思います。

------------------------------

”見えないものを見える化する” ことの重要性は、
企業経営においても共通しています。


実際に、私がご相談をいただく企業の中にも、
業績やプロセスの見える化に一生懸命取り組んでいる
企業があります。

管理レベルの高い企業ほど、「見える化=成功の条件」と
言わんばかりに、詳細なデータを集めたり分析を
行っています。


しかし、気をつけないといけないのが、
見える化すること自体は決して目的ではないと
いうことです。


見える化するだけで業績が良くなるわけでは
ありません。

見えるようになった情報をもとに何を判断し、
何を実行するか、が重要なのです。

経営はあくまで実行です。


カラオケでも、採点結果をもとに音程の正確性や
ビブラートの使い方等を具体的に改善しない限り、
何度採点しても歌は上手くなりません。


「当社は経営の見える化に取り組んでいます」というと、
聞こえは良いのですが、「残念な見える化」に終わっている
企業が少なくありません。

順番としては、経営判断に必要な情報を明確にした上で、
その情報をどうやって見える化するかを考えるべきでしょう。


これが逆転している企業は、「残念な見える化」になって
しまっている可能性が高いです。

ブームに踊らされず、効用と限界を理解した上で、
見える化に取り組むことが重要です。



かく言う私も、カラオケでは採点結果に一喜一憂
するだけで、具体的な改善をしているわけでは
ないため、エラそうなことは言えませんが。。。(笑)

(次回に続く)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。