上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、お気に入りのバラエティー番組があります。

それは「関ジャニの仕分け∞」です。

別にジャニーズファンというわけではありません。

番組の人気コーナーである「カラオケ対決」が楽しみで
同コーナーが放送される回は欠かさず観ています。

特に最近は、絶対王者であるMay J. を中心に
コーナー作りがされており、大物歌手や宝塚OGも
参戦する等、高レベルな対決が繰り広げられています。

最近の放送の中で、特に見応え・聞き応えがあった
対戦カードは下記の通りです。

--------------------------
●May J. vs リン・ユーチュン(台湾歌手)
 FirstLove / 宇多田ヒカル


 コーナーの” 顔 ”が、さくらまやからMay J.に
 変わったターニングポイントと言えるでしょう。

●香寿たつき(宝塚OG) vs 藤田朋子
 for you... / 髙橋真梨子


 宝塚元トップスターの歌唱力、表現力、艶っぽさに
 魅了されます(笑)。

●ティーナ・カリーナ vs 長谷川芹菜(歌うま中学生)
 果てなく続くストーリー / MISIA


 相手の中学生がものすごく上手いです。
 しかし、そのことが番組初出演のティーナ・カリーナを
 より引き立てることになります。
 
●May J. vs 小林あさひ(歌うま中学生)
 366日 / HY


 May J.の実力をまざまざと見せつけられます。
 番組を観た後、早速May J.のBESTアルバムを
 購入してしまいました。 
--------------------------


バラエティー番組とはいえ、このコーナーを観ていると
いろいろな気づきがあります。

 ①見える化することのメリットと限界

 ②商品のライフサイクル



次回以降、それぞれについて整理をしていきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。