上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらながら海外ドラマにハマっています。

ドラマ通の同僚からすすめられたのがきっかけです。

ここ最近は、韓流ドラマ「華麗なる遺産」と
米国ドラマ「ヴァンパイアダイアリーズ」にハマっており
毎週末DVDを借りて観ています。

そして「華麗なる遺産」は、この週末ついに最終話を
観終わりました。



感想は。。。

聞いていた通り、確かにおもしろかったです!


韓流ドラマにありがちな、「そんなバカな!?」的な
ストーリー展開や、編集の甘さ(?)に起因する
間延び感は多少ありました。

しかし、主要人物のキャラが立っており、次から次へと
畳み掛けるようなストーリー展開は、観ていてグイグイ
引き込まれました。

もちろん、主演のハン・ヒョジュもかわいいですし(笑)。

ちなみに、ハン・ヒョジュが、時折少女時代のテヨンに
見えるのは私だけでしょうか。。。

※ここから先は、ちょっとだけ「ネタばれ」になるかも
 しれませんので、まだ作品を観ていない方は、
 ご注意ください。



本作品を観ていて、最後まで腑に落ちないことがあります。

上述の通り、細かいことをあげればツッコミどころは
たくさんありますが、もっと根本的なことです。


ウンソンは、なぜジュンセではなくファンを選んだの
でしょうか?



ウンソン自身「気がついたら彼のことで胸を痛めていた」
と語る通り、作品中もこれといった明確なきっかけは
ないように感じます。

そもそもウンソンがファンに惹かれるようになった理由も
今ひとつはっきりしません。

2号店の売上アップのため、二人で全力を尽くしたことや、
ソンヒ母娘に陥れられた時に、ファンだけはウンソンを
信じようとしたこと等、ウンソンがファンのことを見直し、
信頼するようになる出来事はあります。

しかし、苦悩しながらも常にウンソンのことを想い、
献身的な支援や大人の対応をしてきたジュンセに比べ、
ファンは「男の魅力」という点では今ひとつ弱いと感じて
しまいます。


※あくまで男性の私から見てそう感じるだけであって、
  女性から見るとまた違う評価なのかもしれませんが。。。

作品上、ファンとウンソンがくっつくのは最初から
分かっていたことですが、ジュンセファンの私としては、
今ひとつ納得がいきません。

作品の後半は、ジュンセの悲しげな表情を観るたびに
胸が苦しくなっていました(笑)。

まあ、所詮ドラマですし、そもそも男女の恋愛感情を
ロジックで割り切ろうとするのも野暮な話ですね。
一種の職業病です。


さて、ここからは少しマジメな話です。

本作品を観ていて考えさせられたことがあります。

それは、コンサルタントのあり方です。

本作品におけるジュンセの役回りは、コンサルタントに
通じるものだと感じます。



次回、その辺りの関係について考えたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。