上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月読んだ本をまとめてみました。

それぞれの本を5段階で評価した上で、
面白かった順に並べています。

なお、仕事で使用する専門書や雑誌、
再読した本は対象から外しています。


------------------------

①独裁者のためのハンドブック
 ブルース・ブエノ・デ・メスキータ&
 アラスター・スミス
 ★★★★☆

 タイトルがインパクトありますね(笑)

 ただし、内容はかなり骨太です。

 権力を巡る組織構造をシンプルに表し
 古今東西の独裁者たちがどのように権力を
 握り、そして失脚していったのかが
 詳しく解説されています。 

 この本を読めば、 
 民主的に選ばれたトップが、
 多くの場合何事も果たすことができない
 理由がよく分かります。



②絶対話力
 土岐大介
 ★★★☆☆

 ゴールドマンサックスOBの著者が
 営業現場で活用してきた”話力”に
 ついて紹介されています。

 外資系と聞くと、何事もスマートに
 こなしているイメージがあります。

 しかし、著者が実践してきたことは
 いずれもコテコテの泥臭いものばかりです。

 もっとも、単なるKKD(勘、経験、度胸)
 頼みではなく、そこには外資系らしい
 戦略性やしたたかさがあります。

 一見、ありきたりな内容に見えますが 
 リクルートOBの書いた営業関連本とは 
 少し観点が異なり新鮮な印象を受けました。



③志を育てる
 田久保義彦

 ★★★☆☆


④THE START
 1億円プレイヤー育成プロジェクト 
 ★★★☆☆


------------------------

こうやってみると先月は読書量が
少なかったですね。

通勤時間を英語学習にあてたことが
影響しています。

量がすべてではありませんが、
最低限のインプット量は確保して
いきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。