上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです。
海外ドラマ「SUITS」を通じて得られた
気づきを整理したいと思います。


自分の勝ちパターンを作れ

本作品の主役の一人であるハーヴィーは
凄腕のクローザーです。

難しい訴訟にも果敢に挑み勝利を
重ねていきます。

そんな彼の仕事ぶりを見ていると
概ね次のようなパターンがみられます。

-------------------------------------

①現状分析
 クライアントや利害関係者について
 調べ上げ、相手陣営の弱みや自分たちの
 弱みを整理する

②戦略検討
 相手陣営の弱みをどうやって叩くか?
 自分たちの弱みをいかにケアするかを
 入念に検討する

③調査・検証
 追加的な調査を行い、②で検討した
 戦略が妥当であるかを検証する
  
④カードを切る
 用意していたカードを最適な
 タイミングで行使することで
 自分たちに有利な状況を作る
 
-------------------------------------

中でもハーヴィーの真骨頂は③です。

裁判に勝つためであれば、法律的に
きわどい手段を使ってでも、裏付けを
取ります。

裁判と全く関係のない書類を手にして
「決定的な証拠も手に入れた」と相手を
揺さぶり言質を取る、なんてことも
平気でやります。

但し、決定的な法律違反や捏造・隠蔽等の
不正は行わないのがポリシーです。

ルパン3世が、物は盗むが罪のない人は
殺さないといわれているのと似ていますね(笑)


企業でもスポーツでも、強い組織や選手には
「勝ちパターン」というものがあります。

勝ちパターンとは、
こうすれば競争や試合に勝つ可能性が
高くなるという試合運びのセオリーです。

競争の構造や試合のルールによって
ある程度規定されてしまう部分も
ありますが、自分なりの勝ちパターンを
持つことは極めて有効です。

その際、重要なのは自分の強みを
最大限生かすということです。

例えば、足の速い選手であれば、
試合に勝つために足の速さをどう生かせば
よいのか?を考えるでしょう。


自分の勝ちパターンを理解している人間は
仕事でもスポーツでも、安定的に結果を
残すことができます。


本作品の中では、ハーヴィーだけでなく
部下のマイクやライバル(?)のルイスにも
それぞれの勝ちパターンがあります。


彼らの仕事ぶりを見ていると
私も自分なりの勝ちパターンを確立しなければ
いけないなと感じました。


本作品は娯楽としても十分楽しめるもの
ですが、ビジネスパーソンとして参考に
できる点もいろいろあります。


ぜひ一度ご覧ください。おススメです。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。