上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本シリーズも最終回です。

再生の成否を左右する三つめの
ポイントについて整理します。


③数値感覚があること

中堅・中小規模の企業の場合、
数値感覚の欠如が窮境を招いた要因に
なっていることが多々あります。

数値感覚というとやや抽象的ですが、
要するに ” 数値(=指標)に基づいて
意思決定がなされているか? ” という
ことです。


いわゆる経営指標と呼ばれるものは
たくさんありますし、どんなに管理の甘い
会社でも試算表の売上・利益くらいは
月次でチェックしているはずです。


但し、毎月いろいろな経営指標を
チェックしているからといって、必ずしも
数値感覚があるとは言えません。

漫然と ” 数値を見ているだけ ” で
何ら意思決定に役立てていないのであれば
” 数値を見る ” こと自体に意味はありません。


少しリテラシーの高い会社では、

「当社は経営の見える化に取り組んでおり、
部門ごとにKPIを設定し月次でモニタリング
している」

といった説明をしてくれます。

しかし、実際現場に入ってみると
毎月、指標の集計・算出作業に追われ
会議資料をまとめるので精一杯。
分析までとても手が回っていないという
残念なケースも少なくありません。


また、数値感覚に疎い会社は
数値に対するこだわりも総じて希薄です。


再生計画の中で設定した
売上やコスト削減に関する目標値について
達成が難しいと感じると、すぐにあきらめて
しまいます。

さらに、数値にこだわりがないため、
目標未達の要因分析にも力が入らず、
いつまでたっても改善が進まず悪循環に
陥っていくのです。


-------------------

再生できる会社の特徴として
次の3点について整理してきました。

①若いこと

②素直であること

③数値感覚があること




①②③がすべて揃っている会社は
適切な方向づけとちょっとした
きっかけによって、比較的順調に
再生を軌道に乗せることができます。

もっとも、
3つ揃っている会社が
再生局面に追い込まれること自体
稀だとは思いますが。。。


なお、この3つについて
コンサルタントの立場から優先順位を
つけるとすると、数値感覚が
最も重要だと考えます。



仮に組織が若くて素直であったとしても
数値感覚がなければ、再生というゴールに
向かって最短ルートで進むことができません。

再生局面にある会社は、資金をはじめ
経営資源に余裕がありません。
遠回りをすることは命取りになりかね
ないのです。


また、組織を若返らせることや、
経営者・従業員を素直にさせることは
現実的にかなり難しいです。


外部のコンサルが何を言おうが、
50代・60代の人間が急に素直になるわけが
ありません(笑)
※稲盛和夫のような超大物が一喝すれば
 話は別ですが。。。


それに対して、数値感覚は仕組みと
トレーニングによって習慣化することで
後天的に強化することができます。


社内の数値感覚をレベルアップし、
多少なりとも改善の成果が目に見えるように
なれば、反対勢力も大人しくなるものです。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。