上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前のブログで書いた通り、
先日地元の10kmマラソンに参加しました。


50分以内で走ることを目標にしていましたが

結果は。。。


残念ながら、
3分オーバーの53分かかってしまいました。


敗因は2つあります


①トレーニング不足
 単純に走り込みが足りませんでした。

 大会数日前に近所を10km走った時にも
 同じく53分だったので、良くも悪くも
 実力通りの結果になったと言えます。
 
 もう少し準備期間を長くとるか、
 練習頻度を増やす必要があります。


②オーバーペースによる失速

 比較的大きな大会のため、当日は
 ペースメーカーも走っていました。

 私は10kmを50分で走るペースメーカーの
 すぐ後ろを走っていたのですが、
 序盤から予想以上のハイペースでした。 

 「コースの後半が向かい風になるので
 前半にタイムを稼いでおいたほうが良い」
 との意図のようでしたが、この戦略に
 やられました(笑)。
 
 4kmほどでペースメーカーに付いていけなく
 なり、後半は見るも無残。ヘロヘロになって
 しまいました。

 最後の方は、70歳くらいのシニアランナーや
 「ONE PIECE」に登場するチョッパーの
 着ぐるみを着たランナーにまで追い抜かされる
 ほどでした。

 ラップタイムを計り、自分でペースを
 管理していれば、トータルタイムを
 もう少し引き上げられたと感じます。


今回の敗因を踏まえて、次回こそ50分のカベを
クリアしたいと思います!


---------------------

よく言われることですが、
PDCAのキモは、CheckとActionです。



PlanやDoも当然重要ですが、
これらは放っておいても大抵の人間や
会社がやることです。

それに比べ、Check・Actionは
余程気を付けていなければ、自然と
やらなくなってしまいます。


それはなぜか?


終わったことを振り返り、
「やった/やらない」「できた/できない」を
明らかにし、時には反省を強いられる
Check・Actionは当事者にとって、
つらく面倒くさいものだからです。


但し、ここで手を抜いてしまうと、
いわゆる「やりっ放し」になってしまい、
なかなかレベルアップすることができません。



ある大手企業では、Check・Actionが
徹底されないことを「Ca(カルシウム)不足」
と呼び、社内で注意喚起をしています。


企業でも人でも、Check・Action(=Ca)が
不足すると次のような症状があらわれます。


・ホネがもろくなる
 「やりっ放し」が横行し、PDCAサイクルが
 骨抜きになる

・イライラする
 計画(Plan)が成果につながらず、
 停滞感やフラストレーションが蓄積する

・物忘れが激しくなる
 Checkしない状態が続くと、進捗状況どころか
 当初立てた計画の内容すら忘れてしまう



多くの場合、仕事でPDCAが回せない人は、
趣味の分野でも 同じことが言えます。
その逆も然りです。

仕事でも趣味でも
「最近少し伸び悩んでいるな」と感じたら
それはCaが不足している可能性があります。

そんな場合は、面倒くさがらずに、
5分でも10分でも時間を取り、
Check・Actionを補給することを
おススメします。


【関連記事】 
 趣味とPDCA(2013年12月28日)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。