上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの更新です。

この年末年始に何本かDVDを見たのですが
その中で印象に残っているものがあります。

それは、

「俺はまだ本気出していないだけ」 です。


オフィシャルサイト
www.oremada.jp/


2013年に上映された堤真一主演の映画で
同名漫画が原作です。

漫画家を目指すべく、40歳にして突然会社を辞めた
いい加減オトコの大黒シズオとその家族や友人の
葛藤と成長(?)を描いたコメディ作品です。

正直、作品そのものは飛び抜けて面白いという
わけではありません。


しかし、次の2点が印象に残っています。


 ①橋本愛の存在感がハンパない!

 ②唐突な「明治ヨーグルトR-1」の広告


①については、単に私が橋本愛ファンだから
そう感じたわけではありません(笑)。

本作品には、主演の堤真一をはじめ、生瀬勝久、
山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司と
味のある実力派俳優が出演しています。

普通の若手女優であれば埋もれてしまいそうな
ものですが、シズオの一人娘の鈴子役を
演じた橋本愛は、セリフこそ少ないものの
一際存在感を発揮していました。

ダメ親父シズオの理解者という役どころの
良さもありますが、彼女の演技力の高さや
独特の雰囲気は、私のようなアラフォー手前の
オジサンをも惹きつけます(笑)。

個人的に、若手女優の中ですごいなと感じたのは
志田未来以来でしょうか。

今後の活躍に期待したいと思います。


②については(こちらが本題です)、
おそらく作品を見た人の大半が感じたこと
だと思います。

作品の中で、シズオの元同僚である
宮田(生瀬勝久)とその息子が会話をする
シーンがあります。

そのシーンで、唐突に明治ヨーグルトR-1の
広告が登場するのです。


野球場のバックスクリーンに映し出されたり
パン屋のカベに貼られていたり。

作品自体の展開とは全く関係なく広告が
登場するため、見る側からすると
” 違和感ありあり ” です。


最近流行りの ” ステマ ” かと思いましたが
ここまで露骨なのはステルスと言えないような
気もします。。。


違和感があるからこそ印象に残る


もしかすると、この効果を狙い
あえて唐突感を出したのかもしれません。

しかし、例え印象に残っても最終的に
購買行動につながらなければプロモーション
としては失敗です。


私の場合、同作品を見ることで

「無理やりR-1の広告をねじ込んできたな」

「明治と何かタイアップしているのだろう」

とは感じましたが、
だからといってR-1を購入しようという気には
なりませんでした。


これが、もっと自然な形で商品を
登場させていれば、
(例えば大黒家の食卓に毎朝並ぶなど)
印象は違ったと思います。

明治側の狙いは分かりませんが、ちょっと
後味の悪いプロモーションだったと感じます。


最近では、露骨なステマが消費者の反感を買い
ネットが炎上するケースも増えています。

最初からそこまで見据えた上で仕掛ける
ケース(いわゆる炎上マーケティング)も
あるかもしれませんが、あくまで奇策であり
リスクも少なくありません。


ステマ自体は日本でも古くからある
手法と言われていますが、今後は効果があり
かつ消費者に受け入れられる範囲の見極めを
含めさらに進化していくのでしょう。



なんてエラそーなことを言っていますが、
こうやってブログにR-1のことを書いている
時点で、私自身がステマに引っかかっている
とも言えますね(笑)

ステマ恐るべし。。。

よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。