上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい試みです。

今後、毎月読んだ本をリスト化して
ブログ上にアップしていきたいと
思います。


以前のブログで、
「コンサルタントの読書術」と題し、
” 多読 ” と ” 精読 ” を使い分けることの
重要性についてご説明しました。

仕事で使う専門書や気に入った本は
” 精読 ” の対象となるため、ある程度
内容も頭に入っています。


一方、” 多読 ” で読んだ本のうち
ザーっと斜め読みしただけで、
再度手に取ることもないような本は
しばらくすると内容を忘れてしまいます。

中には、「あれっ、こんな本あったっけ?」と
読んだことすら忘れて しまっているケースも
あります(笑)



もちろん、

” 精読 " するほどでない
=内容が薄い、おもしろくない本

と割り切ることもできますが、
たまたまその時の問題意識が他にあり
アンテナに引っかからなかっただけかも
しれません。

そう考えると、読みっ放しというのも
少しもったいない気がします。

何かしら縁があって読んだ本ですので
いつどんな本を読んだのかといった
履歴くらいは残しておいた方がよいと
感じます。

時系列で履歴を残しておけば、
その時々の自分の興味・関心の変遷等も
振り返ることができますし。


但し、今回の試みはあくまで履歴を
残すことが主な目的です。

書評をがっちり書くことは考えていません。


サボり癖がある私の場合、
書評まで書こうとすると間違いなく
続かないため(笑)、
特に印象に残った本について簡単に
コメントする程度にしたいと思います。


この試みは情報発信というより
自分のための備忘録といった位置づけですが
お付き合いいただけると幸いです。


次回、早速12月のリストをアップしたいと
思います。


【関連記事】
 コンサルタントの読書術③ (2013年7月20日)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。