上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、ある鋳造メーカーの製造課長と
話をする機会がありました。

話題は、あの「魔法のフライパン」です。

ガイアの夜明けをはじめ複数の
メディアで取り上げられているので
ご存知の方も多いと思います。

三重県にある錦見鋳造という会社が
製造販売する鋳物製のフライパンが
ここ数年大人気となっています。

鉄やステンレスに比べ熱伝導率が高く
調理に適している点がウリとのこと。

納期はなんと30ヵ月です!


錦見鋳造HP
www.nisikimi.co.jp/


私とその製造課長が、たまたま同じ
番組をみており、その番組の中で
同社が特集されていたのです。


同番組では、殺到する注文に対応するため
錦見鋳造が自動鋳造設備を導入し生産性を
大幅にアップした取り組みを取材していました。


私が、この特集をみたときに
真っ先に考えたのは次のようなことです。


---------------------------------------

 いくら人気があるといっても、
 単価1万円程度のフライパンのために
 専用の自動設備を入れてペイするのか?

 投資計画の前提はどうなっているのか?

 今後、類似商品の参入も見込まれるため、
 販売ペースは先細りしていくはず。

 単価の下落や原材料価格の上昇も
 懸念されるが、計画にはそうしたリスクが
 考慮されているのか?

---------------------------------------

職業柄、どうしても投資の採算性や
計画の妥当性が気になってしまいます。



商品ライフサイクルの成長期では
ある程度アグレッシブな投資が必要に
なります。

しかし、この時の需要予測を見誤り
結果的に投資倒れに終わるケースも
少なくありません。

特に中堅・中小企業の場合は
それが命取りになるケースもあり得ます。

※同社は地元東海地区の企業ですし、
 中小企業における新規事業展開の
 モデルケースでもあります。
 ぜひとも頑張っていただきたいところです。



一方、同じ番組を見ていた製造課長は
私とは全く異なる点に着目していました。


彼が関心を持ったのは
工場内における集塵機の設置方法でした。



鋳物製品の製造過程では大量の粉じんが
発生します。

この粉じんを適切に除去しないと
製品品質や人体に悪影響を及ぼす恐れが
あります。

そのため、鋳造メーカーでは、
粉じんを発生させないよう加工方法を
工夫したり、集塵機を設置する等して
対策を講じています。

日々、製造現場で問題解決に
当たっている製造課長として
集塵機の設置方法に着目されたのは
当然だと思います。

ただ、私にはない着眼点であったため
とても新鮮に映りました。


また、番組の中で集塵機が映っていたのは
ほんの数秒だったと記憶していますが、
見逃さずにチェックされていた点はさすがだと
感じました。

--------------------


同じ情報に触れても、人によって
着眼点は異なります。


それは問題意識の所在が異なるからです。

問題意識は普段抱えている課題や
興味関心によって形成されます。

前者は、主に職種や職位によって異なり、
後者は個人のパーソナリティの影響を
受けます。


言わずもがなですが、
着眼点が多ければ、それだけモノゴトを
多面的に分析することができます。



 ・土地勘のない分野であっても敬遠せず
  積極的に手を出してみる。


 ・ポジションやタイプの異なる人間とも
  勇気を出して交流する。



自分にない着眼点を得るには
こうした取り組みが効率的かつ効果的
だと思います。


年を重ねると、どうしても新しい分野、
自分が知らない分野に手を出すのが
億劫になりがちです。

しかし、着眼点という ” 自分の引き出し ” を
増やしていくためには、好奇心を失わず
” プチチャレンジ ” し続けることが重要です。


製造課長との雑談から、あらためて
そのことに気づくことができました。


私もエラそうなことは言ってられません。

2014年の目標として
本業のテコ入れに加え、未開拓の分野にも
チャレンジしなければいけませんね。


それでは、
仕事とは全く関係ありませんが、
手始めに、未だ足を踏み入れたことがない
” CLUB ” なるものに、勇気を出して行って
みたいと思います(笑)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。