上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、久しぶりに東京へ行く機会が
ありました。

少し時間が空いたので
日比谷周辺を散策していたところ
面白いものを発見しました。

それは、日比谷シティにある
フットサル場です。

MIYAMOTO FUTSAL PARK
www.miyamoto-futsal.com/hibiya/


サッカー元日本代表の宮本恒靖氏が
プロデュースしている有名なフットサル場
だそうです。

以前、日比谷近辺で働いていたことも
あるのですが、このフットサル場の存在は
知りませんでした。

週末には、皇居や日比谷公園の周りを
よく走っていたのですが。。。



フットサル場を発見したときには

 ・どうしてこんな高層ビルの足元に
  フットサル場があるんだろう?

 ・日比谷で働くイケてるサラリーマンたちが
  仕事終わりにプレーするのだろうか?

と、素朴な疑問が次々と浮かびました。


ところが次の瞬間、
あることに気がつきます。


 あれ・・・
 このフットサル場どこかで観たことが
 あるような・・・?




そうです!
あの人気ドラマ「リーガルハイ」で
度々登場するフットサル場だったのです。


ということは、
ここで、黛(新垣結衣)と羽生(岡田将生)が
撮影していたのかっ!


「リーガルハイ」好きの私は
一気にテンションが上がりました(笑)

リーガルハイ公式HP
www.fujitv.co.jp/legal-high/index.html



しかし、その一方で違和感も覚えました。


それは、ドラマで観るよりもフットサル場が
かなり狭く感じたからです。

普段、フットサルに縁がないため
そう感じただけかもしれませんが、
イメージしていたよりもかなり狭いため、

本当にここでロケしていたのか?

と、しばらく半信半疑でした。



映像は最も情報量が多いコンテンツだと
言われます。


特にドラマや映画の場合、ひとつのシーンでも
色々な角度から撮影されるため、撮影場所の
広さや雰囲気までも何となく分かったような気に
なります。

しかし、実際に現地へ行き、自分の目で
見てみると、頭の中のイメージと現場の様子が
異なるケースが少なくありません。



「百聞は一見に如かず」とも言われますが、
TVを通して観ることも「一聞」に過ぎないと
いうことかも知れません。


最近はスマホで簡単に画像が送れたり、
Skypeでテレビ電話が手軽にできるように
なりました。

しかし、ディスプレイを通じて観る情報は
あくまで「一聞」だと捉えた方が良いでしょう。



フットサル場との偶然の出会いから
現地へ行き自分の目で確かめることの
重要性を改めて痛感しました。


あのガッキーも、自分の目で直接見たら
もっとカワイイかもしれませんね(笑)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。

更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。