上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年、年末が近づくと楽しみにしている
番組があります。

それは、フジ系列で放送される
FNS歌謡祭です。

グランドプリンスホテル新高輪の
「飛天」を舞台に、豪華アーティストが
4時間超の生放送でパフォーマンスを
披露する名物番組です。

年末の風物詩として、家族で観るのを
楽しみにしてきた番組でもあります。


ところが、近年は番組のクオリティが
どんどん低下していると感じます。



「僕らの音楽」で味をしめたのか、
近年はコラボ中心の構成になっています。

上手くハマるケースもありますが、
奇をてらいすぎた組み合わせや
数字(視聴率)狙いであることが
透けて見えるような場合はゲンナリします。



特に今年は酷かった。


華原朋美と小室哲哉の共演や
壇蜜と谷村新司のデュエットは見るに
堪えませんでした(笑)。

※一方、西野カナと水樹奈々、miwaと大原櫻子、
  三谷幸喜とAKBグループのコラボは新鮮で
  印象的でした。


また、AKBグループ、ジャニーズメンバー、
EXILEファミリーの人数が多すぎます。。。


バーター出演の匂いがぷんぷんします。


個人的な印象ですが、
会場の問題なのか、FNS歌謡祭は
他の音楽番組と比べ ” 音が良くない ” と
感じます。

そのため、歌があまり上手くない人間が
歌うと結構ひどい仕上がりになって
しまいます。

その点でも、 ” 実力派 ” でない出演者が
増えると、観ている方はしんどくなります(笑)。

かといって、明らかな口パクも興ざめ
しますが。。。


番組の一ファンとしては、もっと時間を
短くしてでもパフォーマンスのクオリティを
高め、 ” 騒がしいお祭り ” ではなく
” 上質な音楽番組 ” を目指してほしいと
思います。



ところが、意外なことに(?)
今年のFNS歌謡祭の視聴率は18.8%と
それほど悪くありませんでした。


一昔前と比べると水準は下がっていますが
それでも、2013年の民放音楽番組としては
最高視聴率とのこと。



テレビ番組は結果がすべてです。
一定の視聴率が取れたことで、製作側
としては今後も現行路線を継続するでしょう。

なぜならば、今の音楽番組にとって
それが ” 勝ちパターン ” だからです。


コラボと称して、人気者を寄せ集めることで、
その ” 出演者のファン ” は喜んで番組を
観るでしょう。

数字(視聴率)をあげるためには一番
手っ取り早い方法です。


反面、それによりパフォーマンスの
クオリティが低下してしまえば、番組らしさが
失われ、私のような ” 番組のファン ” が
離れていく恐れもあります。


人気者を起用することである程度の数字を
確保しながらも、音楽番組としてこだわる部分
にはこだわる。

この辺りのバランスが重要だと感じます。

最近のFNS歌謡祭は人気者頼みが過ぎるように
思います。


---------------------


同じようなことが、企業にも当てはまります。

安定的に成果を上げるためには
業界の勝ちパターンを把握し、それを
実践することが効果的です。

しかし、勝ちパターン(いわゆるセオリー)に
とらわれ過ぎると、自社ならではの特長や
トンガリが失われ、次第に競合他社と
均質化していきます。


一度均質化してしまうと、多くの場合
不毛な価格競争に陥り、あとは経営資源の
多寡で勝敗が決まってしまいます。


競争戦略の基本は差別化です。


勝ちパターンをきちんと押さえながらも、
自社として何にこだわっていくのかを
明確にし、それを具現化し発信していく。


このことが、ロイヤルティの高い
” 自社のファン ” を増やしていくことに
つながると考えます。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。

更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。