上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです。

やや古い話ですが、
2010年のバンクーバーオリンピックで
忘れられないシーンがあります。


女子フィギュアスケート日本代表の
浅田真央は同大会で金メダルを
期待されていました。

しかし、驚異的な得点を獲得した
韓国のキム・ヨナに敗れ銀メダルに
終わります。

その浅田真央が試合後のインタビューで
悔し涙を流していた姿は記憶にある方も
多いと思います。



当時、他の競技の日本代表選手の
多くが、勝敗にかかわらず試合後は
笑顔でコメントしていました。

もちろん、代表選手はみなトップアスリートです。
過酷なトレーニングを何年も積み、
尋常でないプレッシャーを撥ね退けて
オリンピックの舞台に立っています。

彼らも超人なのです。

しかし、
「五輪を楽しみたい」
「自分なりにベストが尽くせたので満足」
といったコメントをする選手が多い中、

最後まで勝負にこだわり、銀メダルでも
悔し涙を流した浅田真央の ” 目線の高さ ” は
際立っていました。


ジュニア時代から世界のトップクラスで
戦ってきた彼女にとっては、銀メダルも
敗者の証に過ぎないということかも
知れませんね。



もちろん、勝負に負けた時に
ただ泣けばよいというものでもありません。

例えば、トーナメント1回戦で早々に
敗退した選手が泣いているのをみると、
事情はどうあれ、
「いや、泣くくらいだったらなんでもっと
練習してこなかったんだ?」
と思わず突っ込みたくなります。


うーん、悔し涙って難しいですね(笑)

-------------------------

さて、翻って自分はどうか。

特に社会人になってから、
悔し涙を流すほど入れ込んだものが
あったでしょうか?


もちろん、結果を出し続けていれば
悔し涙を流す必要もありませんが、
そんなことはあり得ません。


また、入れ込む対象も、必ずしも
仕事だけではありません。

趣味の世界でも入れ込む余地は
あるはずです。


仕事でも趣味でも
悔し涙を流すほど入れ込むことは
とてもシンドイことです。

年齢を重ねれば重ねるほど
シンドイことはやりたくないものです。
 
しかし、現状に満足し、
チャレンジすることすら放棄してしまって
いないでしょうか?


年相応に成熟したといえば聞こえは
良いですが、チャレンジしない(=成長しない)
人生なんておもしろくないと感じます。


・・・まるでどこかの自己啓発本のようですね(笑)
たまには熱くならないと!

私もまだまだ30代。
浅田真央や歌うまキッズを見習い、
悔し涙を流すくらいハングリーにならなければ
いけないと感じる今日この頃です。



よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。