上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月読んだ本をまとめてみました。

それぞれの本を5段階で評価した上で、
面白かった順に並べています。

なお、仕事で使用する専門書や雑誌、
再読した本は対象から外しています。


------------------------

①独裁者のためのハンドブック
 ブルース・ブエノ・デ・メスキータ&
 アラスター・スミス
 ★★★★☆

 タイトルがインパクトありますね(笑)

 ただし、内容はかなり骨太です。

 権力を巡る組織構造をシンプルに表し
 古今東西の独裁者たちがどのように権力を
 握り、そして失脚していったのかが
 詳しく解説されています。 

 この本を読めば、 
 民主的に選ばれたトップが、
 多くの場合何事も果たすことができない
 理由がよく分かります。



②絶対話力
 土岐大介
 ★★★☆☆

 ゴールドマンサックスOBの著者が
 営業現場で活用してきた”話力”に
 ついて紹介されています。

 外資系と聞くと、何事もスマートに
 こなしているイメージがあります。

 しかし、著者が実践してきたことは
 いずれもコテコテの泥臭いものばかりです。

 もっとも、単なるKKD(勘、経験、度胸)
 頼みではなく、そこには外資系らしい
 戦略性やしたたかさがあります。

 一見、ありきたりな内容に見えますが 
 リクルートOBの書いた営業関連本とは 
 少し観点が異なり新鮮な印象を受けました。



③志を育てる
 田久保義彦

 ★★★☆☆


④THE START
 1億円プレイヤー育成プロジェクト 
 ★★★☆☆


------------------------

こうやってみると先月は読書量が
少なかったですね。

通勤時間を英語学習にあてたことが
影響しています。

量がすべてではありませんが、
最低限のインプット量は確保して
いきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト
最近ブログの更新頻度を減らしています。

単にサボっているわけではありません(笑)


アウトプットの場としてブログを
始め 約1年。
自分の引き出しを増やすという点で
メリットは大きいと感じています。


しかし、思うところがあり、
しばらく ” インプット ” と ” 実践 ” に
より重きを 置くことにしました。


インプットとしては、

前回のブログでも書いた通り
新たにオンライン英会話を始めました。

これまでも断続的に英語学習には
取り組んできましたが、いい加減目途を
つけたいと思います。

この1年で、何とかビジネスで使える
レベルまで持っていきます。


また、4月からは大学院に通い始めます。
正式な入学はまだ先になりますが、
最終的にはMBAの取得を考えています。


40代まであと数年。
このタイミングで集中的にインプットを
行い、自分自身の地力アップを図りたいと
いうのが狙いです。


もちろん、ブログを完全に
やめてしまうわけではありません。
ただ、優先順位を下げるだけです。


あれもこれも同時にやろうとしても
上手くいかないものです。


私の場合、サボリ癖があるためか
元々のキャパシティが小さいのか、
特にその傾向が強いです。


” 選択と集中 ” を自ら実践することで
成果につなげたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
今さらながら、英語学習に力を入れています。


きっかけは転職です。


新しい職場では、関係部門の責任者が
外国人であったり、社内のデータベースや
研修資料に英語ベースのものが多かったりと
否が応でも英語が求められます。

これまでドメスティックキャリアを
歩んできた私は、早速言葉の壁に
ぶつかっています(笑)


とはいえこれまで何も英語学習を
してこなかったわけではありません。

観光地で話しかけた外国人に
全く言葉が通じなかった苦い経験から
この半年ほどは、最近流行り(?)の
聞き流す英語教材もやっています。

ただ、イマイチ効果がありません。

かなり聞き込んでいることもあり、
何となく英語に耳が慣れてきたようには
感じますが、残念ながら実戦で使える
レベルではありません。


そのため、先月からオンライン英会話を
始めました。

Skypeを使って手軽に自宅で英会話を
学ぶことができるというものですが、
これがなかなか良いです。


最大のメリットは
外国人講師とのコミュニケーションを
通じて自分自身にアウトプットを
課すことができる点です。


講師の質問に答える。講師に質問をする。

いずれの場合も、自分の考えを英語で
相手に伝えなければなりません。

自分の中にある数少ない材料を必死に
組み合わせて何とか形にしようとします。

しかし、大抵の場合上手くいきません(笑)


 ・そもそも、ゆっくり話してもらっているにも
  かかわらず相手の話が聞き取れない。

 ・単語が出てこない、文法がメチャクチャで
  こちらの伝えたいことを伝えられない。

 ・その結果、失敗して恥をかく。
  あるいは講師も困った顔をしてビミョーな
  雰囲気になる。


ここまでだと単なる苦行ですが、
この後が大切です。



 ・これ以上恥をかきたくないから、
  予習・復習に力を入れる。

 ・レッスン中も相手の話している内容を
  少しでも理解しようと全神経を集中する。

 ・その結果、少しずつ善戦できるようになり、
  自分でも「成長している」と感じられる。


人は誰しも失敗する(負ける)のが嫌いです。
負けたくないからこそ、努力をして
より強くなろうとするのです。

週刊少年ジャンプを読んで育った世代には
共感してもらえると思います(笑)


やはり、何事もアウトプットしなければ
身に付きません。


アウトプットしなければならないからこそ
インプットにも身が入るのです。

個人的には、” 聞き流すだけ ”という受け身の
インプット方法では期待する効果は得られないと
感じます。
※他のアウトプット系の学習を補完するツール
 としては一定の意味はあると思いますが・・・。

その点で、オンライン英会話は学習ツールとして
自分に合っていると 感じます。

通学型の英会話教室に比べコストパフォーマンスも
良いですし、Face to Faceではないので、失敗して
ビミョーな雰囲気になっても何とか耐えられます(笑)


いずれにしても、この調子でコツコツ学習を続け、
そろそろ ” 英語からっきし芸人 ”を卒業したいと
思います。


こうしてブログに書いておけば、私も
そう簡単には挫折できないでしょう(笑)


【関連記事】
 ” ストリートファイト ”のススメ(2013年8月11日)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。