上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです。

再生できる会社には共通する特徴があります。



①若いこと


再生を果たすためには
経営者や従業員(とくに幹部クラス)が
” 若い ” ことが重要です。


業界や業務に精通したベテラン社員が
いなければ、効果的な改善策を
打ち出すことができないのでは?
と思われるかもしれません。

確かにその側面はあります。

しかし、” ベテラン社員しかいない ”
場合には、逆に再生が困難となるケースが
少なくないのです。


通常、業績不振に陥った企業を
再生するためには、従来の商売や仕事の
やり方を変える必要があります。

しかし、ベテラン社員が多ければ多いほど
これが難しくなります。

人間は年齢を重ねると、どうしても
保守的になりますし、我も強くなるものです。



外部のコンサルタントが客観的な事実に
基づいて問題を指摘し、こうすべきと
改善策を提案しても、

” 今までのやり方を変えたくない ”
” 他人にあれこれ言われたくない ”

との意識が働き、なかなか受け入れることが
できません。


窮境に陥ったのは外部環境のせいだと
自分たちの非を認めず、改善策についても
「お前らに何が分かる」と受け付けない。

しぶしぶ改善策を試してみるものの、
少し躓くとコンサルのせいにして、
自ら改善・改良しようとしない。。。


ドラマや小説のような話ですが、
実際に再生の現場で直面することです。


もちろん、コンサルの提案が
常に正しいと言うつもりはありません。

むしろ、コンサルの提案をたたき台にして、
自らトライ&エラーを繰り返すことで
改善策を進化させることができる会社が
再生を果たせるのです。



従業員の平均年齢が高いからといって
再生できないというわけではありませんが
その分社内の意識改革には相当なパワーが
必要となります。


人間でも、若いうちは新陳代謝が活発で
傷の治りも早いものです。

(次回に続く)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト
これまでコンサルタントとして
業績不振に陥った企業の支援を
数多く行ってきました。

いろいろな会社を見てきましたが、
中にはコンサルタントが力を尽くしても
再生できない会社があります。


そもそも収益を生み出しうる
事業基盤がなければ、
どうあがいても再生などできません。

財務リストラやコストカットにより
延命はできるかもしれませんが、
窮境に陥った企業がゼロから事業基盤を
構築することはほぼ不可能に近いからです。


しかし、たとえ一定の事業基盤を
有していたとしても、 ” 企業の体質 ” に
問題があれば再生はおぼつきません。


では、再生できる会社と
できない会社の ” 体質の違い ” とは
何でしょうか?


最近つくづく感じることですが、
再生できる会社には次のような特徴が
みられます。

----------------

①若いこと

②素直であること

③数値感覚があること

----------------

いずれもいたってシンプルなものですが、
実は結構重要なのです。

次回以降、それぞれについて
整理していきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
以前のブログで書いた通り、
先日地元の10kmマラソンに参加しました。


50分以内で走ることを目標にしていましたが

結果は。。。


残念ながら、
3分オーバーの53分かかってしまいました。


敗因は2つあります


①トレーニング不足
 単純に走り込みが足りませんでした。

 大会数日前に近所を10km走った時にも
 同じく53分だったので、良くも悪くも
 実力通りの結果になったと言えます。
 
 もう少し準備期間を長くとるか、
 練習頻度を増やす必要があります。


②オーバーペースによる失速

 比較的大きな大会のため、当日は
 ペースメーカーも走っていました。

 私は10kmを50分で走るペースメーカーの
 すぐ後ろを走っていたのですが、
 序盤から予想以上のハイペースでした。 

 「コースの後半が向かい風になるので
 前半にタイムを稼いでおいたほうが良い」
 との意図のようでしたが、この戦略に
 やられました(笑)。
 
 4kmほどでペースメーカーに付いていけなく
 なり、後半は見るも無残。ヘロヘロになって
 しまいました。

 最後の方は、70歳くらいのシニアランナーや
 「ONE PIECE」に登場するチョッパーの
 着ぐるみを着たランナーにまで追い抜かされる
 ほどでした。

 ラップタイムを計り、自分でペースを
 管理していれば、トータルタイムを
 もう少し引き上げられたと感じます。


今回の敗因を踏まえて、次回こそ50分のカベを
クリアしたいと思います!


---------------------

よく言われることですが、
PDCAのキモは、CheckとActionです。



PlanやDoも当然重要ですが、
これらは放っておいても大抵の人間や
会社がやることです。

それに比べ、Check・Actionは
余程気を付けていなければ、自然と
やらなくなってしまいます。


それはなぜか?


終わったことを振り返り、
「やった/やらない」「できた/できない」を
明らかにし、時には反省を強いられる
Check・Actionは当事者にとって、
つらく面倒くさいものだからです。


但し、ここで手を抜いてしまうと、
いわゆる「やりっ放し」になってしまい、
なかなかレベルアップすることができません。



ある大手企業では、Check・Actionが
徹底されないことを「Ca(カルシウム)不足」
と呼び、社内で注意喚起をしています。


企業でも人でも、Check・Action(=Ca)が
不足すると次のような症状があらわれます。


・ホネがもろくなる
 「やりっ放し」が横行し、PDCAサイクルが
 骨抜きになる

・イライラする
 計画(Plan)が成果につながらず、
 停滞感やフラストレーションが蓄積する

・物忘れが激しくなる
 Checkしない状態が続くと、進捗状況どころか
 当初立てた計画の内容すら忘れてしまう



多くの場合、仕事でPDCAが回せない人は、
趣味の分野でも 同じことが言えます。
その逆も然りです。

仕事でも趣味でも
「最近少し伸び悩んでいるな」と感じたら
それはCaが不足している可能性があります。

そんな場合は、面倒くさがらずに、
5分でも10分でも時間を取り、
Check・Actionを補給することを
おススメします。


【関連記事】 
 趣味とPDCA(2013年12月28日)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
突然ですが、
ご報告があります。





















実は、この度人生4回目の
転職をすることになりました。


現在勤めている会計系コンサル会社から
某グローバルファームのコンサル部門へ
移ります。


以前のブログで、ポストコンサルの
キャリアについて書きましたが
私の場合、まだまだこの業界から
足が洗えないようです(笑)


ちなみに、出向・転籍も含めると
所属する会社はこれで7社目になります。


完全に「転がる石」ですね。


事業会社に勤める知人からは、

「コンサル業界ってそんなに人の
出入りが激しいの?!」

と驚かれます。


私も自分だけが落ち着きのない人間に
思われるのは悔しいので(?)

「全然普通だよ。同じファームに10年以上
勤める人間なんて会ったことがない」

などとごまかしています(笑)


ただ、正直言うと
どこのコンサル会社にも
10年以上勤めているベテランコンサルは
一定数います。

逆に、6社も渡り歩いてきた人間は
コンサル業界にもそれほど多くはいないと
思います。




何はともあれ、アラフォー手前での
新たなチャレンジです。



次の職場では、私自身にもハードルの
高いミッションが与えられます。

ハードルが高い分チャレンジのしがいも
ありますが、プレッシャーも相当かかると
思います。


職業人生において、
30代後半は個人としてだけでなく
チームとして結果を残すことが
求められます。

さらに、特定の分野では
自らが ” 会社の顔 ” になることも
必要でしょう。



相手にとって不足はありません



ブログを書く時間は確保しつつ(?)
最善を尽くしたいと思います。


【関連記事】
 ビジネスパーソンとしての成長戦略を考える(2013年1月5日)
 ポストコンサルタントのキャリア(2013年8月14日)  

よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
久しぶりの更新です。

この年末年始に何本かDVDを見たのですが
その中で印象に残っているものがあります。

それは、

「俺はまだ本気出していないだけ」 です。


オフィシャルサイト
www.oremada.jp/


2013年に上映された堤真一主演の映画で
同名漫画が原作です。

漫画家を目指すべく、40歳にして突然会社を辞めた
いい加減オトコの大黒シズオとその家族や友人の
葛藤と成長(?)を描いたコメディ作品です。

正直、作品そのものは飛び抜けて面白いという
わけではありません。


しかし、次の2点が印象に残っています。


 ①橋本愛の存在感がハンパない!

 ②唐突な「明治ヨーグルトR-1」の広告


①については、単に私が橋本愛ファンだから
そう感じたわけではありません(笑)。

本作品には、主演の堤真一をはじめ、生瀬勝久、
山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司と
味のある実力派俳優が出演しています。

普通の若手女優であれば埋もれてしまいそうな
ものですが、シズオの一人娘の鈴子役を
演じた橋本愛は、セリフこそ少ないものの
一際存在感を発揮していました。

ダメ親父シズオの理解者という役どころの
良さもありますが、彼女の演技力の高さや
独特の雰囲気は、私のようなアラフォー手前の
オジサンをも惹きつけます(笑)。

個人的に、若手女優の中ですごいなと感じたのは
志田未来以来でしょうか。

今後の活躍に期待したいと思います。


②については(こちらが本題です)、
おそらく作品を見た人の大半が感じたこと
だと思います。

作品の中で、シズオの元同僚である
宮田(生瀬勝久)とその息子が会話をする
シーンがあります。

そのシーンで、唐突に明治ヨーグルトR-1の
広告が登場するのです。


野球場のバックスクリーンに映し出されたり
パン屋のカベに貼られていたり。

作品自体の展開とは全く関係なく広告が
登場するため、見る側からすると
” 違和感ありあり ” です。


最近流行りの ” ステマ ” かと思いましたが
ここまで露骨なのはステルスと言えないような
気もします。。。


違和感があるからこそ印象に残る


もしかすると、この効果を狙い
あえて唐突感を出したのかもしれません。

しかし、例え印象に残っても最終的に
購買行動につながらなければプロモーション
としては失敗です。


私の場合、同作品を見ることで

「無理やりR-1の広告をねじ込んできたな」

「明治と何かタイアップしているのだろう」

とは感じましたが、
だからといってR-1を購入しようという気には
なりませんでした。


これが、もっと自然な形で商品を
登場させていれば、
(例えば大黒家の食卓に毎朝並ぶなど)
印象は違ったと思います。

明治側の狙いは分かりませんが、ちょっと
後味の悪いプロモーションだったと感じます。


最近では、露骨なステマが消費者の反感を買い
ネットが炎上するケースも増えています。

最初からそこまで見据えた上で仕掛ける
ケース(いわゆる炎上マーケティング)も
あるかもしれませんが、あくまで奇策であり
リスクも少なくありません。


ステマ自体は日本でも古くからある
手法と言われていますが、今後は効果があり
かつ消費者に受け入れられる範囲の見極めを
含めさらに進化していくのでしょう。



なんてエラそーなことを言っていますが、
こうやってブログにR-1のことを書いている
時点で、私自身がステマに引っかかっている
とも言えますね(笑)

ステマ恐るべし。。。

よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

読書ノート第1弾です。

昨年12月に読んだ本をまとめてみました。

それぞれの本を5段階で評価した上で、
面白かった順に並べています。

なお、仕事で使用する専門書や雑誌、
再読した本は対象から外しています。


------------------------

①グリード 上・下
 真山 仁
 ★★★★☆


 あの「ハゲタカ」シリーズの最新作です。
 強大な敵を相手に強気を貫き通す
 鷲津雅彦の活躍はとにかく痛快です。
 
 「俺も負けてられない。仕事頑張ろう!」と
 思える作品です。


②戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書
 稲田 将人 
 ★★★☆☆


 企業変革におけるカベとその対処法に
 ついて分かりやすくまとめられた作品です。

 内容的にはかなり盛りだくさんですが
 リアルなストーリー展開に引き込まれ
 どんどん読み進めることができます。

 私自身が過去に直面したケースに
 通じる部分もあり、読んでいて胸が
 苦しくなりました(笑)

 小説形式のビジネス書としては、
 かの名作「V字回復の経営/三枝 匡」
 以来の良書だと思います。


③知の武装 救国のインテリジェンス
 手嶋 龍一・佐藤 優
 ★★★☆☆


④世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた 
 ムーギー・キム
 ★★★☆☆


⑤人に強くなる極意
 佐藤 優
 ★★★☆☆


⑥ウラからのぞけばオモテが見える
 佐藤オオキ・川上 典李子
 ★★☆☆☆


⑦これから7年、先読み!日本経済
 榊原 英資
 ★★☆☆☆


⑧IGPI流 セルフマネジメントのリアル・ノウハウ
 冨山 和彦
 ★★☆☆☆


⑨BCG流 最強の思考プロセス
 リュック・ブラバンデール、アラン・イニー
 松本 剛史 訳
 ★★☆☆☆

------------------------

うーん、あらためてリストにしてみると
読む本のジャンルが結構偏っていることが
分かります(笑)

自分自身の着眼点を増やすためにも、
コテコテのビジネス書以外のジャンルも
徐々に開拓していきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
新しい試みです。

今後、毎月読んだ本をリスト化して
ブログ上にアップしていきたいと
思います。


以前のブログで、
「コンサルタントの読書術」と題し、
” 多読 ” と ” 精読 ” を使い分けることの
重要性についてご説明しました。

仕事で使う専門書や気に入った本は
” 精読 ” の対象となるため、ある程度
内容も頭に入っています。


一方、” 多読 ” で読んだ本のうち
ザーっと斜め読みしただけで、
再度手に取ることもないような本は
しばらくすると内容を忘れてしまいます。

中には、「あれっ、こんな本あったっけ?」と
読んだことすら忘れて しまっているケースも
あります(笑)



もちろん、

” 精読 " するほどでない
=内容が薄い、おもしろくない本

と割り切ることもできますが、
たまたまその時の問題意識が他にあり
アンテナに引っかからなかっただけかも
しれません。

そう考えると、読みっ放しというのも
少しもったいない気がします。

何かしら縁があって読んだ本ですので
いつどんな本を読んだのかといった
履歴くらいは残しておいた方がよいと
感じます。

時系列で履歴を残しておけば、
その時々の自分の興味・関心の変遷等も
振り返ることができますし。


但し、今回の試みはあくまで履歴を
残すことが主な目的です。

書評をがっちり書くことは考えていません。


サボり癖がある私の場合、
書評まで書こうとすると間違いなく
続かないため(笑)、
特に印象に残った本について簡単に
コメントする程度にしたいと思います。


この試みは情報発信というより
自分のための備忘録といった位置づけですが
お付き合いいただけると幸いです。


次回、早速12月のリストをアップしたいと
思います。


【関連記事】
 コンサルタントの読書術③ (2013年7月20日)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
先日、ある鋳造メーカーの製造課長と
話をする機会がありました。

話題は、あの「魔法のフライパン」です。

ガイアの夜明けをはじめ複数の
メディアで取り上げられているので
ご存知の方も多いと思います。

三重県にある錦見鋳造という会社が
製造販売する鋳物製のフライパンが
ここ数年大人気となっています。

鉄やステンレスに比べ熱伝導率が高く
調理に適している点がウリとのこと。

納期はなんと30ヵ月です!


錦見鋳造HP
www.nisikimi.co.jp/


私とその製造課長が、たまたま同じ
番組をみており、その番組の中で
同社が特集されていたのです。


同番組では、殺到する注文に対応するため
錦見鋳造が自動鋳造設備を導入し生産性を
大幅にアップした取り組みを取材していました。


私が、この特集をみたときに
真っ先に考えたのは次のようなことです。


---------------------------------------

 いくら人気があるといっても、
 単価1万円程度のフライパンのために
 専用の自動設備を入れてペイするのか?

 投資計画の前提はどうなっているのか?

 今後、類似商品の参入も見込まれるため、
 販売ペースは先細りしていくはず。

 単価の下落や原材料価格の上昇も
 懸念されるが、計画にはそうしたリスクが
 考慮されているのか?

---------------------------------------

職業柄、どうしても投資の採算性や
計画の妥当性が気になってしまいます。



商品ライフサイクルの成長期では
ある程度アグレッシブな投資が必要に
なります。

しかし、この時の需要予測を見誤り
結果的に投資倒れに終わるケースも
少なくありません。

特に中堅・中小企業の場合は
それが命取りになるケースもあり得ます。

※同社は地元東海地区の企業ですし、
 中小企業における新規事業展開の
 モデルケースでもあります。
 ぜひとも頑張っていただきたいところです。



一方、同じ番組を見ていた製造課長は
私とは全く異なる点に着目していました。


彼が関心を持ったのは
工場内における集塵機の設置方法でした。



鋳物製品の製造過程では大量の粉じんが
発生します。

この粉じんを適切に除去しないと
製品品質や人体に悪影響を及ぼす恐れが
あります。

そのため、鋳造メーカーでは、
粉じんを発生させないよう加工方法を
工夫したり、集塵機を設置する等して
対策を講じています。

日々、製造現場で問題解決に
当たっている製造課長として
集塵機の設置方法に着目されたのは
当然だと思います。

ただ、私にはない着眼点であったため
とても新鮮に映りました。


また、番組の中で集塵機が映っていたのは
ほんの数秒だったと記憶していますが、
見逃さずにチェックされていた点はさすがだと
感じました。

--------------------


同じ情報に触れても、人によって
着眼点は異なります。


それは問題意識の所在が異なるからです。

問題意識は普段抱えている課題や
興味関心によって形成されます。

前者は、主に職種や職位によって異なり、
後者は個人のパーソナリティの影響を
受けます。


言わずもがなですが、
着眼点が多ければ、それだけモノゴトを
多面的に分析することができます。



 ・土地勘のない分野であっても敬遠せず
  積極的に手を出してみる。


 ・ポジションやタイプの異なる人間とも
  勇気を出して交流する。



自分にない着眼点を得るには
こうした取り組みが効率的かつ効果的
だと思います。


年を重ねると、どうしても新しい分野、
自分が知らない分野に手を出すのが
億劫になりがちです。

しかし、着眼点という ” 自分の引き出し ” を
増やしていくためには、好奇心を失わず
” プチチャレンジ ” し続けることが重要です。


製造課長との雑談から、あらためて
そのことに気づくことができました。


私もエラそうなことは言ってられません。

2014年の目標として
本業のテコ入れに加え、未開拓の分野にも
チャレンジしなければいけませんね。


それでは、
仕事とは全く関係ありませんが、
手始めに、未だ足を踏み入れたことがない
” CLUB ” なるものに、勇気を出して行って
みたいと思います(笑)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
あけましておめでとうございます。

早いものでこのブログも1周年です。

この1年間で書いた記事は130件。
ざっくり月10件、つまり3日に
1件ペースで記事を書いた計算です。

クオリティはともかくボリューム
としては概ね及第点かなと感じます。


引き続きコツコツ書きためていきたいと
思います。



その一方で、
本業の仕事のほうはどうだったか?

正直 ” まだまだ ” だと感じます。



当然目の前のプロジェクトでは
最善を尽くしてきたつもりです。

しかし、それで満足していては
ダメだということに、先日あらためて
気づかされました。



年末、かつての上司と食事をする
機会がありました。

その上司は、私とそれほど年齢は
変わりません。

しかし、すでに著書も複数出版しており、
名実ともに会社を代表する
トップコンサルタントの一人です。

その元上司は、
以前一緒に仕事をしていた時と変わらず、
今も現状に満足することなく常に新しい
分野を開拓しているそうです。

しかも、超多忙にもかかわらず
税理士資格の勉強までしているとのこと。


守りに入っていない
そのアグレッシブさにシビれました。

と同時に、目の前の仕事をこなすだけで
何となく満足してしまっている自分との
差を痛感しました。



「コンサルとしてもっと力をつけたい」 との
想いから元上司のもとを離れ、
大手ファームに転職してはや5年。

残念ながら、今のところその差は埋まって
いません。

しかし、何事も目標があるというのは
よいことです。
今の自分に足りない部分もはっきりしました。


個人的に、今年はいろいろと環境も変わります。

心機一転、本業である仕事のほうでも、
シフトチェンジをして飛躍の年にしたいと
思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。