上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです。
海外ドラマ「SUITS」を通じて得られた
気づきを整理したいと思います。


自分の勝ちパターンを作れ

本作品の主役の一人であるハーヴィーは
凄腕のクローザーです。

難しい訴訟にも果敢に挑み勝利を
重ねていきます。

そんな彼の仕事ぶりを見ていると
概ね次のようなパターンがみられます。

-------------------------------------

①現状分析
 クライアントや利害関係者について
 調べ上げ、相手陣営の弱みや自分たちの
 弱みを整理する

②戦略検討
 相手陣営の弱みをどうやって叩くか?
 自分たちの弱みをいかにケアするかを
 入念に検討する

③調査・検証
 追加的な調査を行い、②で検討した
 戦略が妥当であるかを検証する
  
④カードを切る
 用意していたカードを最適な
 タイミングで行使することで
 自分たちに有利な状況を作る
 
-------------------------------------

中でもハーヴィーの真骨頂は③です。

裁判に勝つためであれば、法律的に
きわどい手段を使ってでも、裏付けを
取ります。

裁判と全く関係のない書類を手にして
「決定的な証拠も手に入れた」と相手を
揺さぶり言質を取る、なんてことも
平気でやります。

但し、決定的な法律違反や捏造・隠蔽等の
不正は行わないのがポリシーです。

ルパン3世が、物は盗むが罪のない人は
殺さないといわれているのと似ていますね(笑)


企業でもスポーツでも、強い組織や選手には
「勝ちパターン」というものがあります。

勝ちパターンとは、
こうすれば競争や試合に勝つ可能性が
高くなるという試合運びのセオリーです。

競争の構造や試合のルールによって
ある程度規定されてしまう部分も
ありますが、自分なりの勝ちパターンを
持つことは極めて有効です。

その際、重要なのは自分の強みを
最大限生かすということです。

例えば、足の速い選手であれば、
試合に勝つために足の速さをどう生かせば
よいのか?を考えるでしょう。


自分の勝ちパターンを理解している人間は
仕事でもスポーツでも、安定的に結果を
残すことができます。


本作品の中では、ハーヴィーだけでなく
部下のマイクやライバル(?)のルイスにも
それぞれの勝ちパターンがあります。


彼らの仕事ぶりを見ていると
私も自分なりの勝ちパターンを確立しなければ
いけないなと感じました。


本作品は娯楽としても十分楽しめるもの
ですが、ビジネスパーソンとして参考に
できる点もいろいろあります。


ぜひ一度ご覧ください。おススメです。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト
以前のブログで
海外ドラマ「SMASH」が面白いと書きましたが、
それに匹敵する作品を見つけてしまいました。


それは、海外ドラマの「SUITS」です。


ドラマ「SUITS」公式サイト

www.suits-tv.jp/index.html


同作品はニューヨークの大手法律事務所
ピアソン・ハードマンを舞台に、
弁護士たちの活躍を描いたドラマです。


主役は二人。


事務所のシニアパートナーであり、
敏腕弁護士として名の知れた
ハーヴィ(ガブリエル・マクト)。

そしてもう一人は、彼の部下であり
天才的な頭脳を持つアソシエイトの
マイク(パトリック・J・アダムス)です。


” ある秘密 ” を抱える二人が
チームとして難しい訴訟に挑み、
時には社内政治に巻き込まれながらも
成長していく過程はとにかく痛快です。


また、ニューヨーク・マンハッタンが
舞台ということもあり、出演者の
ファッションや事務所の内装等もかなり
イケています。 



弁護士ドラマと聞くと「リーガルハイ」を
思い浮かべる人も多いと思います。

「SUITS」にも笑えるシーンはたくさん
ありますが、さすがに「リーガルハイ」ほど
コメディ色は強くありません。


ただ、両作品には共通する部分も少なく
ありません。


特に、主人公である
古美門研介(堺雅人)と ハーヴィーは、
まったく異なるタイプのように見えますが、
実は似ています。

どちらもいわゆる ” 敏腕弁護士 ” です。
プロフェッショナルとしての職業観や
戦い方には相通じるものがあります。


そして、彼らの共通点からはコンサルタント
としても参考にできる部分があると感じます。


次回以降、そうした気づきについて整理を
していきたいと思います。

【関連記事】 
 ドラマに学ぶ~SMASH①(2013年10月18日) 


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
少し間が空いてしまいましたが、
ドラマ「SMASH」を通じて得られた
気づきを整理したいと思います。


人は出会いによって成長する


このドラマは単なるエンターテインメント
作品ではありません。

主役のカレンはもちろん、
アイヴィーやデレク、アイリーンといった
主要メンバー達が成長していく過程も
描かれています。


特に印象に残っているのが、
オレ様演出家(?)デレクの変化でした。



彼は才能あふれる演出家で、
クオリティの高い舞台を作り上げることに
誰よりも執念を燃やします。

一方で、自分の納得のいく作品を作る
ためなら手段を選びません。

役者を罵倒するのは日常茶飯事、
パートナーである製作関係者にも
悪態をつきます。

おまけに女癖も悪いときています。


能力は高いもののチームプレーが
できない典型的な自己チュー人間です。


・・・コンサル業界にもいます。
こういうタイプ(笑)。


そんな彼が、
才能はありながらコーラスとして地味な
下積み生活を送ってきた中堅女優アイヴィーとの
出会いによって次第に変わっていきます。

アイヴィーのしつけ(?)により、
デレクが手に入れたのは、
” 代替アプローチ ” です。




例えば、役者がイメージ通りに
動かない場合でも、

①「そんなこともできないのか!」と
 感情のままに怒鳴り散らす


という従来のアプローチだけではなく、


②「こういう場合にはこうしてほしい。
 その方がもっと観客に伝わる」と
 改善してほしい点やその理由を
 相手に伝え納得させる

③「何があった?」と相手の悩みに
 関心を示した上で、
 「それを利用し消化するんだ」と
 背中を押す

といった新しいアプローチも使えるように
なっていくのです。



どれだけ怒鳴り散らしても、
役者のパフォーマンスに改善が
みられなければ意味がありません。

ミュージカル製作に限らず、目的
(例:クオリティの高い舞台を作る)を
達成するためには、相手や状況に応じて
最も効果的なアプローチを使い分けることが
重要です。



コーラスとして、演出家や主演女優から
散々小言を言われてきたであろう
アイヴィーだからこそ、
「どう伝えれば役者がその気になるのか?」を
デレクに諭すことができたのでしょう。


一方、気難しいデレクも、自分と同じく
才能がありプロ意識も高いアイヴィーの
アドバイスだからこそ素直に受け入れる
ことができたのだと思います。


最初の頃のデレクはイヤミな奴でしたが、
話が進むにつれてどんどん魅力的な男に
なっていきました。

デレクにとって、アイヴィーとの出会いが
演出家として、また人間としての成長に
つながったことは間違いありません。



------------------------------------

人は出会いによって、

新たな目標や手本(ロールモデル)を
見つけることができます。

自分とは異なる価値観の存在を
知ることができます。

例えどうしようもない相手との出会いで
あっても、反面教師とすることで何かしら
教訓を得ることができるはずです。


たかがドラマ、されどドラマ。

「SMASH」を通じて、人と人との出会いの
大切さを再確認しました。

やはり、自宅で本やドラマばかり
みていてはだめですね(笑)。

出会いを求め外へ出かけましょう!


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。