上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月読んだ本をまとめてみました。

それぞれの本を5段階で評価した上で、
面白かった順に並べています。

なお、仕事で使用する専門書や雑誌、
再読した本は対象から外しています。


------------------------

①独裁者のためのハンドブック
 ブルース・ブエノ・デ・メスキータ&
 アラスター・スミス
 ★★★★☆

 タイトルがインパクトありますね(笑)

 ただし、内容はかなり骨太です。

 権力を巡る組織構造をシンプルに表し
 古今東西の独裁者たちがどのように権力を
 握り、そして失脚していったのかが
 詳しく解説されています。 

 この本を読めば、 
 民主的に選ばれたトップが、
 多くの場合何事も果たすことができない
 理由がよく分かります。



②絶対話力
 土岐大介
 ★★★☆☆

 ゴールドマンサックスOBの著者が
 営業現場で活用してきた”話力”に
 ついて紹介されています。

 外資系と聞くと、何事もスマートに
 こなしているイメージがあります。

 しかし、著者が実践してきたことは
 いずれもコテコテの泥臭いものばかりです。

 もっとも、単なるKKD(勘、経験、度胸)
 頼みではなく、そこには外資系らしい
 戦略性やしたたかさがあります。

 一見、ありきたりな内容に見えますが 
 リクルートOBの書いた営業関連本とは 
 少し観点が異なり新鮮な印象を受けました。



③志を育てる
 田久保義彦

 ★★★☆☆


④THE START
 1億円プレイヤー育成プロジェクト 
 ★★★☆☆


------------------------

こうやってみると先月は読書量が
少なかったですね。

通勤時間を英語学習にあてたことが
影響しています。

量がすべてではありませんが、
最低限のインプット量は確保して
いきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト
読書ノート第2弾です。

今年1月に読んだ本をまとめてみました。

それぞれの本を5段階で評価した上で、
面白かった順に並べています。

なお、仕事で使用する専門書や雑誌、
再読した本は対象から外しています。


------------------------

①異文化主張力
 T・W・カン
 ★★★★☆


 本書では、ビジネスマンとして
 世界市場で戦うために必要な ” 作法 ” が
 かなり具体的に紹介されています。

 また、海外というアウェイ環境で
 生き残るためのマインドセットや
 グローバル企業に求められる組織論に
 ついても言及されており、
 一粒で三度おいしい(?)作品と
 言えるでしょう。


②世界のエリートの「失敗力」
 佐藤 智恵
 ★★★☆☆


 この著者の本は何冊か読んでいますが、
 正直、着眼点や掘り下げ具合が
 もう一歩との印象があります。

 若手ビジネスマン向け雑誌の
 特集記事のようで、ハッとするような
 示唆があまりないように感じます。
 
 但し、作品中で紹介される事例は
 いずれも ” 当事者の顔が見える ” もので、
 参考にできる点も少なくありません。

 元NHKのディレクターという著者の
 強み(取材力、編集力)がこうした部分に
 生かされているのかも知れませんね。
  
 新書ということも考慮すれば
 パフォーマンスのよい本だと思います。


③インサイト
 桶谷 功 
 ★★★☆☆



④世界の経営学者は今何を考えているのか
 入山 章栄
 ★★★☆☆



⑤創造と変革の志士たちへ
 堀 義人
 ★★★☆☆



⑥爆速経営 新生ヤフーの500日
 蛯谷 敏
 ★★☆☆☆



------------------------

先月は比較的薄い本が多かったように
思います。

別に悪いことではありませんが、
たまには大作にガッツリ向き合うことも
必要だと感じます。

今月は、少し畑違いの分厚い本に
チャレンジしてみます。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
読書ノート第1弾です。

昨年12月に読んだ本をまとめてみました。

それぞれの本を5段階で評価した上で、
面白かった順に並べています。

なお、仕事で使用する専門書や雑誌、
再読した本は対象から外しています。


------------------------

①グリード 上・下
 真山 仁
 ★★★★☆


 あの「ハゲタカ」シリーズの最新作です。
 強大な敵を相手に強気を貫き通す
 鷲津雅彦の活躍はとにかく痛快です。
 
 「俺も負けてられない。仕事頑張ろう!」と
 思える作品です。


②戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書
 稲田 将人 
 ★★★☆☆


 企業変革におけるカベとその対処法に
 ついて分かりやすくまとめられた作品です。

 内容的にはかなり盛りだくさんですが
 リアルなストーリー展開に引き込まれ
 どんどん読み進めることができます。

 私自身が過去に直面したケースに
 通じる部分もあり、読んでいて胸が
 苦しくなりました(笑)

 小説形式のビジネス書としては、
 かの名作「V字回復の経営/三枝 匡」
 以来の良書だと思います。


③知の武装 救国のインテリジェンス
 手嶋 龍一・佐藤 優
 ★★★☆☆


④世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた 
 ムーギー・キム
 ★★★☆☆


⑤人に強くなる極意
 佐藤 優
 ★★★☆☆


⑥ウラからのぞけばオモテが見える
 佐藤オオキ・川上 典李子
 ★★☆☆☆


⑦これから7年、先読み!日本経済
 榊原 英資
 ★★☆☆☆


⑧IGPI流 セルフマネジメントのリアル・ノウハウ
 冨山 和彦
 ★★☆☆☆


⑨BCG流 最強の思考プロセス
 リュック・ブラバンデール、アラン・イニー
 松本 剛史 訳
 ★★☆☆☆

------------------------

うーん、あらためてリストにしてみると
読む本のジャンルが結構偏っていることが
分かります(笑)

自分自身の着眼点を増やすためにも、
コテコテのビジネス書以外のジャンルも
徐々に開拓していきたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。