上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらながら、英語学習に力を入れています。


きっかけは転職です。


新しい職場では、関係部門の責任者が
外国人であったり、社内のデータベースや
研修資料に英語ベースのものが多かったりと
否が応でも英語が求められます。

これまでドメスティックキャリアを
歩んできた私は、早速言葉の壁に
ぶつかっています(笑)


とはいえこれまで何も英語学習を
してこなかったわけではありません。

観光地で話しかけた外国人に
全く言葉が通じなかった苦い経験から
この半年ほどは、最近流行り(?)の
聞き流す英語教材もやっています。

ただ、イマイチ効果がありません。

かなり聞き込んでいることもあり、
何となく英語に耳が慣れてきたようには
感じますが、残念ながら実戦で使える
レベルではありません。


そのため、先月からオンライン英会話を
始めました。

Skypeを使って手軽に自宅で英会話を
学ぶことができるというものですが、
これがなかなか良いです。


最大のメリットは
外国人講師とのコミュニケーションを
通じて自分自身にアウトプットを
課すことができる点です。


講師の質問に答える。講師に質問をする。

いずれの場合も、自分の考えを英語で
相手に伝えなければなりません。

自分の中にある数少ない材料を必死に
組み合わせて何とか形にしようとします。

しかし、大抵の場合上手くいきません(笑)


 ・そもそも、ゆっくり話してもらっているにも
  かかわらず相手の話が聞き取れない。

 ・単語が出てこない、文法がメチャクチャで
  こちらの伝えたいことを伝えられない。

 ・その結果、失敗して恥をかく。
  あるいは講師も困った顔をしてビミョーな
  雰囲気になる。


ここまでだと単なる苦行ですが、
この後が大切です。



 ・これ以上恥をかきたくないから、
  予習・復習に力を入れる。

 ・レッスン中も相手の話している内容を
  少しでも理解しようと全神経を集中する。

 ・その結果、少しずつ善戦できるようになり、
  自分でも「成長している」と感じられる。


人は誰しも失敗する(負ける)のが嫌いです。
負けたくないからこそ、努力をして
より強くなろうとするのです。

週刊少年ジャンプを読んで育った世代には
共感してもらえると思います(笑)


やはり、何事もアウトプットしなければ
身に付きません。


アウトプットしなければならないからこそ
インプットにも身が入るのです。

個人的には、” 聞き流すだけ ”という受け身の
インプット方法では期待する効果は得られないと
感じます。
※他のアウトプット系の学習を補完するツール
 としては一定の意味はあると思いますが・・・。

その点で、オンライン英会話は学習ツールとして
自分に合っていると 感じます。

通学型の英会話教室に比べコストパフォーマンスも
良いですし、Face to Faceではないので、失敗して
ビミョーな雰囲気になっても何とか耐えられます(笑)


いずれにしても、この調子でコツコツ学習を続け、
そろそろ ” 英語からっきし芸人 ”を卒業したいと
思います。


こうしてブログに書いておけば、私も
そう簡単には挫折できないでしょう(笑)


【関連記事】
 ” ストリートファイト ”のススメ(2013年8月11日)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓
スポンサーサイト
しばらくカタい話が続いたので、
ソフトにいきたいと思います。


来年1月、久しぶりに市民マラソン
大会に出場します。

マラソンといっても、老若男女が
参加できる10キロ走です。


私自身、こうした大会に出るのは
2年半ぶりです。

一時、ジョギングを趣味にしていた
時期があり、チャリティマラソンに
出場したり、東京マラソンのコースを
一人試走したこともありました。

しかし、その後しばらくブランクがあり、
最近は近所の体育館にあるランニング
マシンで週1回走る程度です。


ちなみに、ランニングマシンと
アスファルトでは、走った時の
足腰への負担がかなり違います。

先日、体慣らしのために家の近所を
走ってみましたが、案の定、翌日は
激しい筋肉痛に襲われました(笑)。

10キロ走とはいえ、久しぶりに
大会に出るのはちょっとだけ勇気が
いるものです。



とはいえ、
仕事だけでなく、趣味の分野でも
何かしら目標がないとおもしろく
ありません。

目標を設定し、その実現に向けて
タスク(トレーニング)を組み立てる
という点では、趣味も仕事も同じです。



例えば、次のような目標を設定したと
します。

 ・来年1月に大会へ参加する
 ・ケガをしない
 ・タイムは50分以内を目指す


次に、目標から逆算して、いつまでに
どの程度体を仕上げるべきか、という
中間目標を設定する。


 ・12月中には55分をクリアする
 ・体重を66kgまで落とす


中間目標を達成するために取り組むべき
メニューを決定する。


 ・週1回は道路を10キロ走り、距離と
  衝撃に体を慣らす

 ・週1回は体育館のルームランナーで
  時速12キロペースで走り、スピードに
  体を慣らす


そして、定期的に進捗をチェックし、
成果が芳しくなければトレーニング量を
増やしたり、内容を見直
したりするのです。


さらに、次のような場合には
専門のトレーナー(コンサルタント)に
支援してもらうことも考えます。


 ・自分に合った効果的かつ効率的な
  トレーニングメニューが作れない

 ・どうもタイムが伸び悩んでいるが
  自分では理由がわからない

 ・怠け癖があり(?)、自分一人では
  Plan通りに実行できない


時に専門家の支援も受けながら
目標達成のためにPDCAを回す。

まさしく仕事と一緒ですね。




但し、趣味の場合
基本的に目標設定に縛りはありません。

会社や上司から目標を決められる
こともなく、自分のレベルやペースに
応じて目標を設定することができます。


私も「1月までに10キロを30分で走れる
ようになれ!」なんて言われたら悲鳴を
あげてしまいます(笑)。


現在の自分にとって、少しだけ
ハードルの高い目標を設定するものの、
まずは趣味として楽しむことを考えたいと
思います。

さあ、残り時間はわずかです。
寒い日が続きますが、気合を入れて
今日も走りに行きたいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。

   ↓↓
マッサージ店編も最終回です。

前回に続き、

②勝ちパターンに即した価格体系に改める

について整理したいと思います。


そもそも、
マッサージ店における勝ちパターンとは
どういったものでしょうか?



店舗型マッサージ店の場合、客が
来なくても賃料やスタッフの人件費等の
経費がかかります。

こうした固定費を回収するためには、
日々一定の客数をさばき店舗の
稼働率を確保することが重要です。

しかし、店舗型の場合、商圏範囲が
限定されます。

商圏内に見込客が無尽蔵にいる
わけではありませんし、一見客ばかりを
あてにしていては稼働率も安定しません。

定期的に利用してくれる常連客を数多く
確保することが、稼働率を安定させ、
収益確保につながるのです。

つまり、マッサージ店の勝ちパターンとは
” 常連客を獲得する ” ことに尽きるのです。


「何だそんなことか」と思われるかも
しれません。

しかし、プライシングを含め、
プロモーションや店作り、スタッフの対応、
サービス内容のすべてが
” 常連客を獲得する ” という勝ちパターンを
意識して設計されているお店はなかなか
ありません。



プライシングについて言うと、
常連客を増やすためには、次のような
取り組みが効果的です。

----------------------

a.常連客予備軍を獲得するために、
 初回利用のハードルを下げる。


 例)スタンダードコースよりも少し
   時間を短くし、その分価格も抑えた
   初回限定のお試しコースを設定


b.一見客に2回目の利用を促す仕掛けをする。

 例)初回利用時に、1ヶ月以内の来店で
   使用できる割引チケットを配布

   ちなみに、割引幅は定価の20%程度が
   目安となります
   それ以上の割引を行うと、3回目の
   利用時に1,000円前後価格がアップ
   することになるため、継続利用が
   途切れる可能性が高くなります


c.利用回数が増えるほど顧客が得をする
 仕組みにする。


 例)ポイントカードを配布し、5回の来店で
   割引チケットを発行

----------------------

いずれもベーシックな手法ですが、
EDLPとは正反対の取り組みです。
※但し、上記の手法には落とし穴もあります。
   詳しくは別の機会に整理したいと思います。


私が行ったマッサージ店では店頭割引と
称して常時20%割引を行っていました。

また b として25%の割引チケットを発行
しています(店頭割引との併用不可)。

常時割引することで、結果的にEDLP状態に
なってしまっています。
リピート利用を促す仕掛けも中途半端です。

勝ちパターンを意識していない悪い値引きに
なってしまっています。


そして何より解せないのが、
価格政策が立地や店のコンセプトと整合して
いないことです。


おそらくこの店は、商圏内に激安店が出店
したことで一時客数が減少したのでしょう。

それに対して価格で対抗しようとしたがために
現在のような価格体系になっていると思われます。


立地もよいし店の雰囲気も悪くありません。
もっと顧客とコミュニケーションを図り、
来店理由やニーズを聴くことが大切です。


割引目当てで来店している客ばかりでは
ないはずです。

自店の常連客の声に耳を傾け、激安店では
構造的にマネのできない良質のサービスを
提供すればよいのです。

それが、この店オリジナルの勝ちパターンに
なるのです。

いずれにしても、自店のウリを客観的に
評価した上で、提供しているサービスの
価値に見合った適正な価格を設定する
ことが大切です。




このマッサージ店のプライシングには
納得いきませんが、そのせいか逆に
気になってしまい、今週末にでも
もう一度行ってみようかと考えています。

もしかしたら、これが店の狙いかも
しれませんね。
残念なプライシングで客の気をひいて
リピートを促す新手の手法だったりして(笑)。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。