上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近注目しているスポーツ選手がいます。

全日本女子バレーの新セッター宮下 遥選手です。


三重県桑名市出身の18歳。
現在はV.プレミアリーグの岡山シーガルズに
所属しています。

弱冠15歳でプレミアリーグデビューを果たし、
全日本メンバーにも召集されたという
いわゆる ” 天才型 ” の選手です。


ご存知の通り、全日本女子のセッターは
長年竹下佳江が務めてきました。

「世界最小最強セッター」とも呼ばれ、
3度のオリンピックに出場する等、日本を
代表する名セッターの一人です。

その竹下の後継者候補と見られているのが
宮下です。


竹下にはない ” 高さ ” を持つセッターとして
18歳という若さながら、今回のFIVBワールド
グランプリでA代表デビューを果たしました。


しかし、

先日行われた予選ラウンドでは
アタッカーとのコンビネーションが合わず
ミスを連発します。

これまで、日本が強みとしてきたコンビバレーが
十分機能しなかったことも影響し、
ブルガリア、アメリカに連敗を喫してしまい
ました。

私は技術的なことは詳しくありませんが、
素人目から見ても、トスワークやゲーム
メイク力はまだまだ発展途上にあると感じます。

セッターには攻撃の起点として特に精度の高い
プレーが求められます。さらに、司令塔としての
役割もこなさなければなりません。

いかに天才と言えど、経験不足はいたしかた
ないのでしょう。


また、周囲の環境も少なからず影響して
いるように感じます。


ただでさえ、A代表にデビューしたばかりです。

加えて、ポスト竹下の有力候補として、
コート上での一挙手一投足が、常に竹下と
比較されるのです。

そのプレッシャーたるや、ハンパないでしょう。


名選手の後を継ぐのは楽じゃありません。

しかし、ここを乗り越えてこそ本物です。


あの竹下も、シドニーオリンピックの出場を
逃した時には「小さいセッターでは世界と戦えない」と
散々バッシングされました。

ただ、この時に地獄を見たからこそ、
結果(勝利)への強いこだわりや、劣勢でも
自分を保つ強い精神力を身につけることが
できたのではないかと感じます。



2012年5月に放送された情熱大陸で
竹下が次のようなコメントをしていたのが
印象的でした。

-------------------------------------
私たちがカメラの前で何か語る必要があるのか?

アスリートである以上、コートで結果を出さないと
意味がない。

女子バレーは結果を出せていないのに注目して
もらえている。すごく甘いと感じる。

他の競技をやっている人から見れば納得いかないはず。

このことをどれだけの選手が自覚しているのか?

-------------------------------------

自分たちが置かれている環境や
やるべきことは何か?を骨の髄から
理解しているコメントだと感じます。


例え天才と呼ばれる選手であっても
才能だけではいつか壁にぶつかります。


その壁を乗り越える過程で、
一流選手としての ” マインドセット ” を
身につけることが、その後の成長や活躍に
つながるのだと思います。



今後の宮下選手の ” 苦悩 ” とその先にある
” 大活躍 ” に注目したいと思います。


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

スポンサーサイト
関ジャニの仕分け∞シリーズもいよいよ最終回です。


カラオケ対決における、
”ライフサイクルを意識したキャスティング”とは
どのようなものでしょうか?

2012年2月にスタートしたカラオケ対決コーナーの
歴史を振り返ると以下のように整理できます。

--------------------
①エース不在期
 コーナー開始後、しばらくは手探りが続き、
 出演者も基本的に毎回異なる状態。
 
 歌うま有名人に関ジャニメンバーが挑戦したり、
 歌手と歌うま芸人が対決するパターンが中心。


②エース確立期
 圧倒的な強さを見せる中学生歌手さくらまやが
 レギュラー出演するようになる。

 次第に、”さくらまやが大物歌手に挑戦する”、
 あるいは”さくらまやが歌うま芸人を迎え撃つ”と
 いった構図ができあがる。


③次世代エース発掘期
 さくらまやとは、年齢やビジュアル、歌手としての
 バックグラウンドが異なるMay J.が出演。
 
 連勝記録を順調に伸ばし、さくらまやに並ぶ
 エースとして存在感を増す。


④世代交代期
 絶対王者さくらまやが、台湾歌手リン・ユーチュンに
 初黒星を喫する。

 一方、May J.は劇的な勝利をおさめる。

 以降、May J.がエースとしてレギュラー出演する
 ことになる。
 ※さくらまやも主力メンバーとして引き続き出演。


⑤新エース猛烈プッシュ&次々世代エース発掘期
 May J.が新エースとして、昭和の歌謡曲から
 洋楽まで幅広いジャンルの曲で対決する。

 そして、いずれの対決でも勝利をおさめることで、
 ”真の歌姫”ぶりをアピール。

 その一方で、ニューフェイスとして宝塚OGや
 実力派アーティストのティーナ・カリーナ、森恵らを
 起用。次なるエース候補の発掘を始める。

--------------------

コーナー開始からわずか一年ですが、
こうしてみるといろいろ変化があるものですね。

もっとも、流行り廃りの激しいバラエティー番組では
当然なのかもしれません。

制作側としても、企画の人気を維持するために、
”商品”である出演者のライフサイクルを見極め、
上手くマネジメントしていくことを意識しているはずです。



まずはお試しで出演させ、カラオケ対決への
適性や関ジャニとの相性、視聴者受けを見極める。
   
     ↓

エースとして見込みがあれば、どんどん露出させ、
一気に人気者にする。

     ↓

”旬”を過ぎ、人気がピークアウトする前に、
次の逸材を発掘し、次代のエースとしての
仕込みを始める。


こうした流れを踏まえると、
現在、エースとして番組の人気を牽引している
May J.も、早ければ2~3カ月以内に
次のエースにバトンを渡すことになるかも
しれませんね。


May J.ファンの私としては、なるべく長く王座を
守ってほしい所ですが。。。



このように、商品のライフサイクルを意識する
ことは企業にとっても重要なテーマです。

現在の主力商品がいつまでも売れ続ける、
あるいは現在の粗利率を維持できるなどと、
甘く考えてはいけません。


商品の”旬”を客観的に見極めつつ、
早めに商品改良や新商品の投入を行うことが
必要です。

ポイントは、
主力商品の売れ行きが落ち込んでから考える
のではなく、先を見据えた上で自ら計画的に
”エースの世代交代”を仕掛けていくことです。



--------------------
ちなみに、カラオケ対決に話を戻すと、
個人的には次のエース候補を、ティーナ・カリーナか
香寿たつきと予想しています。

但し、ティーナ・カリーナは出演二回目にして、
早くもリン・ユーチュンに敗れてしまっています。

次代のエースとして育成するのであれば、
強敵であるリンとの対戦はもう少し先にすべき
だったように思います。

一方、宝塚OGの香寿たつきは、さすが元トップスター
だけあり、いわゆる”持っている”歌い手だと感じます。

ただ、こちらはやや年齢層が高いこと
(それも魅力の一つではありますが)と、
元宝塚トップスターの看板が付いて回ることもあり、
色々無理をお願いするバラエティ番組では
少々”使い勝手”が良くないかもしれません。

そうすると、次のエース候補は。。。

今後のキャスティングに注目したいと思います!


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓


引き続き、関ジャニの仕分け∞シリーズです。


商品のライフサイクル

カラオケ対決コーナーには様々な有名人が
出演します。

しかし、単に大物歌手や人気の歌うま芸人を
出演させればよいわけではなく、キャスティングに
あたっては色々と考慮する必要があります。

コーナーの人気を維持するためには、少なくとも
次の要素を満たす必要があるでしょう。

----------------------
●対戦カードの魅力
 「誰が」「誰と」「どの曲で」対決するのか?は
 コーナーを盛り上げる上で特に重要な要素です。
 
 さらに、対戦カードの魅力は、 
 「聞き応え(レベルの高さ)」と「新規性」から
 構成されます。

 レベルが低い対決であれば、そもそも魅力が
 ありません。
 しかし、どんなにレベルが高くても、いつも同じ
 顔触れではマンネリ化してしまいます。

●エースの存在
 出演者がコロコロ変わってしまうと、コーナーの
 雰囲気や品質をコントロールしづらく、なかなか
 固定ファンを獲得することができません。

 スポーツの世界でも、エースと呼ばれる選手に
 固定ファンがつくことで、そのスポーツや
 所属チームの人気が高まるものです。

----------------------

上記のうち、特にエースの存在は重要です。
エースがいれば、おのずと対戦カードの魅力も
高まります。



しかし、実力のあるエースがいても、悲しいかな
ファンは次第に見慣れてきます。

どんなにすごいプレーをしても、初めて見た時の
ような驚きや感動は薄れ、徐々に人気も低下して
いきます。

つまり、エースには店頭に並ぶ商品と同じように
ライフサイクルがあるということです。

したがって、スポーツやチームの人気を維持する
ためには、エースのライフサイクルを見極めながら、
早めに次の柱となりうる人材を発掘し、エースに
育てていく必要があるのです。


そして、実際に、関ジャニのカラオケ対決コーナーでも、
こうしたライフサイクルを意識したキャスティングが
見られます。


(次回に続く)


よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください。
更新の励みとなります。
   ↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。